ホーム

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

大学のドレスコードのポスター

2013-09-13 18:50

なんとこのBLOG始まって以来1週間以上も更新せず、ずいぶん放置してしまいました
ネタはたくさんあるのですが、追いついていかず…申し訳ありません

とりあえず、身近なことでも頻繁に更新!を目標にがんばっていきます
ということで、身近なテーマを取り上げます

以前にも大学のドレスコードについ触れたことがありますが、
カトリックの学校のため過度の露出が禁止されています。

入り口には常にガードマンさんが立っていて、IDカードのチェック、服装のチェックをしています。
ビーチサンダルで入ろうとすると本当に止められます。
(実際ガードマンさんによってOKしてしまう人もいるのですが…)
ドレスコード (4) ドレスコード (3)
この入り口に最近大きく張り出されたドレスコードに関する大きなポスター。
ドレスコード (2)

カトリックの学校なのでしっかりしましょうと書いてあり、こういうのはだめですという説明があります。
ドレスコード (5)

よく見ると、写真が結構激しいんですよね。
こんなセクシーな格好してくる人いる?っていう感じが
ドレスコード (6)
ちょっと極端すぎる?とも思いますが、まあわかりやすいですね
シースルードレスはだめと書いてありますが、
写真のように確かにスケスケの素材の下がいきなり下着とかはだめですが、
(そもそもそんなのセクシーすぎますし)下にキャミソールとかなら大丈夫ですよ。
要するに、過激ではない格好をしましょうということです

気をつけることはビーチサンダルと、超ミニスカート、短パンがだめだということです。
クロックタイプのサンダルや、普通のミニスカート、膝丈のパンツは問題ありません。

ちなみにラサール大学の生徒さんはちゃんと制服を着ています。
水曜日は私服の日なのですが、しっかりとした格好をしています。
ドレスコード (7) ドレスコード (8)


大学に敬意を示すという意味でもあまり過激な格好は避けましょう

スポンサーサイト

学校の決まりごと コメント: 0 トラックバック: 0

おかしな日本語(学校の規則編)

2012-02-09 19:00

今日はちょっと休憩
おもしろい話題をお届けします

私がこちらに来たときに、この学校にはまだ、日本語表記の決まりごとがありませんでした

しかし、韓国人のスタッフが、これが日本語バージョンの決まりごとだと、
日本語で書かれた3枚にわたるルールをくれたので、
あ、あるんじゃんと思ったら、読んで、1人で大爆笑してしまいました

日本語がおかしい
なんと韓国人のスタッフが、韓国語で書かれたものを翻訳機能を使い、
日本語に変換してくれたというのです

韓国人のスタッフに何が変なの?と聞かれても、説明できません

だって、日本語が変なんですもん

ここはぜひ、ブログを読んでくださっている日本人の方に共感していただきたいと思いました。

こんな感じのA43枚の規則表です
HPIM0299 (640x480)

2。すぐにトゥェギョ事項何でしょうこれ。
-他人に暴力や暴言に違和感造成時ちょっと不思議。
-異性の部屋でのご滞在。いけないことなのに、やけに表現が丁寧です。
-管理者の制裁に応じないし、制裁ってちょっと怖いHPIM0302 (640x480)

イソンバン出入りが禁止。でも、何のことかわかりませんHPIM0303 (640x480)

最後はこれ

『私は、上記内容を確認したことを理解してください。』

HPIM0306 (640x480)
って?え?変ですね誰が誰にお願いしているのでしょう?

正確には、以上の事項を確認のうえ、同意しますです。


これは、契約書になっているので、ルールを確認後、生徒さんにサインをしてもらい、
オフィスに提出することになっています。

結局、これは意味が不明すぎるので、英語版の規則を日本語に訳しました
この規則については、初日のオリエンテーションで詳しく説明をしますねもちろん日本語です

これから学んだのは、2つ。
1つは、翻訳機能はやはり、限界があるということ

もう1つは日本語を日本語に訳す?修正するのが1番難しいということ
日本語って難しいですね。
ずっとみていると、文法的にあっているのか、間違っているのかよく分からなくなってきます。
いまだに、文法が説明できません。
それは、ネイティブだから、しかたないか

学校の決まりごと コメント: 2 トラックバック: 0

English Nameについて

2012-01-27 08:30

LSLCではほぼ100%の韓国人の生徒さんがEnglish Nameを持っています。

English Name=『英語の名前』です

こちらにきたら、本名ではなく、この英語の名前で呼ばれます

どんな名前でもいいのです
マイケルジャクソンが好きだから、マイケルとか、
アンジェリーナジョリーが好きだから、アンジェリーとか、
アニメのキャラクターや、俳優、映画の主人公の名前、
とにかく、自分の好きな名前をつけることができます

そして、こちらに滞在中はそのEngish Nameが自分の正式な名前になります

初日のオリエンテーション時には名前が必要になりますので、
もし、English Nameをつけたい方は、日本でじっくり考えてきてくださいね

日本人の生徒さんの場合は『日本の名前=English Name』でそのままいくパターンが多いですが
名前が4文字以上の場合や、先生が発音しにくいと思う場合は、
短くしたり、少し英語チックにしたりすることが多いです

例えば、
ゆうじろう→ゆう、たかひろ→たか。まり→マリーとか。。。
本名をベースにちょっと変えるのもあり。これなら、抵抗なく受け入れられますよね


私は英語の名前を持っていません。。いまさらつけるのも恥ずかしいので、もう、つけませんが、
なぜか、『アヤカ』を『アカヤ』って間違えられることが多いんです。

なぜだろう
フィリピン人にも、韓国人にも、会いたてのころ、結構よく『アカヤ』って呼ばれます

せっかくなので英語名をつけるのもいいと思います!
はじめは、少し抵抗があるかもしれませんが、だんだんなれてきます

ちなみに、以前いた学校で、『イケメン』っていう名前をつけた男の子がいました

はじめは私も、『イケメン』って呼ぶのが恥ずかしかったのですが、
意味を知らない、フィリピン人の先生や韓国人が恥ずかしげもなく『イケメン』って呼ぶので、
そのうちなれて、ごく普通になっていきました

日本で、彼に会っても彼のことはイケメンって呼びます

私の中で、彼=イケメンですから

こちらで出会ったお友達とは、日本に帰ってから再会っていうパターンもよくあるので、
将来のことも考慮して名前を考えましょう

汚い言葉以外何でもOKなのでぜひ、考えてきてくださいね

学校の決まりごと コメント: 5 トラックバック: 0

規則②生活編

2011-12-02 09:00

前回のドレスコードに続き
規則②生活編です。

規則ばかり、紹介するとなんか窮屈そうと、感じるかもしれませんが、
まったくそういうわけではありません
生活していくうえでの決まりごとを少しお知らせします

まず、門限

平日は夜中の12時まで
祝・前日前は夜中の2時までです


門限時間を越えると…ガードマンさんにより、
入り口がシャットダウンされてしまいます

ドミトリー内にあるこちらのStudy room
ここだけは24時間OPENしています
PB221011.jpg

早朝型の方も、夜型の人も、好きな時間に勉強ができます。
電気も明るいし、クーラーも効いていて快適です。

メインドミトリーの地下にある、プレイスポットは22時までです。
PB220994.jpg
卓球と、ビリヤード、無料です(道具も無料でレンタルできます)

こちらの憩いのスペースも、DVDを見たりできます。
DVDも無料で借りられます
PB220998.jpg

他には、室内で調理(火を使った)をすることができないことと、全室禁煙です。
火事になってしまったら困りますからね!!

以前に紹介した給水機が各階にあり、
熱湯が出るので、ラーメンを作ったりはできますよ

また、部屋での飲酒も禁止です!!
飲んで騒ぐと周りの迷惑になったりしますからね。

そして、男性の部屋と女性の部屋は階が分かれていますが・・・
男女の部屋の行き来は禁止です!!

おそらくどこの英語学校でも門限の決まりがあると思いますが、

この男女の部屋の行き来禁止っていうのは、
ある学校と、ない学校があります。

思わず、はじめは、高校みたいだな・・・と思ってしまいました

が、この学校の生徒さんの多くが、まだ大学生なんですね。。

ですので、やっぱり、ちゃんとけじめをつけるために。
そういう規則があるのだと思います。

こういった規則に関しては、学校により特徴があります。
平日外出禁止とか、平日飲酒禁止とか、門限10時など、さまざま・・・。

そういった、生活に関する決まりごとも、
学校を選ぶうえで、重要なポイントの1つだと思います

学校の決まりごと コメント: 0 トラックバック: 0

規則①ドレスコード

2011-12-01 11:20

私がこの学校に来て、早1週間
いろいろと感じたことがありますが、
その中のひとつ、規則についてコメントしたいと思います

私はここバコロドに1年以上います。。。
自分が留学していた学校も含め、いろんな学校の情報も入ってきます。

で、LSLCにきて、1番はじめに感じた雰囲気は…
しっかりとした学校だな~ということです

なぜかというと、生徒さんが結構きれいな格好をしている

そして、それはなぜかというと、私たちの通う学校はセント・ラサール大学内にあります
(一部の教室はドミトリーの中にありますが)

このセント・ラサール大学は…

フィリピンの大学といえば、
国立のフィリピン大学・私立のアテネオ大学とともに名前のあがる
由緒ある名門校です
付属の小学校と、高等学校も敷地内に一緒にあります。

ここは学校なので、ちゃんとした服装でなければいけないのですね

正装をするという意味ではなく、
過激な洋服を着ないという意味です。


恐れることは、ないですが、いくつか、禁止されていることがあります
例えば、ミニスカート、短パン、ノースリーブやスリッパ、破けたジーパンはだめです。

ここは学校なので当たり前といったら当たり前ですね。

これが、大学内にある、語学学校の入り口。
先生のスケジュール表や掲示板があります
ドアの奥はオフィスになっています。
PB240004.jpg

掲示板にフォーカスしてみましょう。
はい、これ服装についての決まりですね。
PB240001.jpg
バツがついているものが禁止です。
簡単にいうと、あまり、露出してはいけないということですね。
ミニスカートの短パンもレギンスを重ねればOKです
女性のサンダルもOKです

ちなみに生徒さんを見ていて、100%全員がこの規則に従っているかというと、
ショートパンツや短めのスカートははいている生徒さんを見かけことはあります。
ボーダーラインもあいまいなところもありますからね。
でも、確実に露出してるなーという生徒さんはいません。

ちょっと違反して即退出っていうことはないようですが、
規則は規則、意味があってのものなので守りましょうね

大学に入るセキュリティーチェックもかなり厳しいです。

学校で発行してもらう、
学生のIDカードを携帯していないと、中には入れません。


こちらが第1ゲート、IDカード携帯者のみ、このゲートから入れます。
PB231044.jpg
学校の行事などで、外部の人が入る場合は第2ゲートから、入りますが、
その場合には、パスポートなどの身分証明書を掲示し、預けなくてはいけません。

入り口を抜けるとガードマンさんによるIDカードチェックがあります。
PB231045.jpg

さらに進むと、こちらにも
PB231047.jpg

学校の中にもいたるところに、ガードマンさんがいます。

初日に、カメラを持って構内をふらふらしていた私は
まだ、首からぶら下げるIDカードをもらっていなかったので、
ガードマンさんに不振に思われたのか、

何してるんだ?
IDはどこだ?
と声をかけられました

入り口でちゃんとチェックして、さらに
なんでこんなにガードマンさんがいるんだ??とは思いますが、
それだけ安全っていうことですね


学校の決まりごと コメント: 2 トラックバック: 0

ホーム

LSLCからのお知らせ

8月の祝日
8月 21日(金)Ninoy Aquino Day
8月 31日(月)National Heroes Day
8月の行事
8月 8日(土)孤児院訪問
8月 14日(金)~17日(月)boracayスクールトリップ

カテゴリ

★LSLCからのお知らせ (110)
学校周辺のMAP (2)
祝日のご案内 (32)
ラサール大学の休暇について (2)
その他のお知らせ (8)
★LSLCについて (74)
初日の流れ (2)
学校の食事 (9)
ドミトリー (13)
授業について (7)
学校の決まりごと (5)
学校のイベント (18)
ボランティアプログラム (3)
週末ボランティア(植林等) (8)
School Trip(Bracay,Mambcal) (7)
★ラサール大学内の施設 (20)
★ラサール大学のイベント (20)
★日本人学生へのインタビュー (23)
★LSLC先生のインタビュー (6)
★バコロド市内探検 (119)
レストラン (30)
レストラン(徒歩10分圏内) (8)
買い物 (38)
美容 (13)
ジョギング、ジム、ゴルフ・運動 (14)
バコロド市の観光スポット (5)
乗り物・クラブ・その他の娯楽 (10)
★フィリピンの行事・お祭り (30)
Masskara Festival (8)
その他のイベントお祭り (22)
★フィリピンの文化 (41)
★フィリピンの食べ物 (19)
★バコロド市の近隣の市探検 (16)
シライ市(Silay city) (7)
★バコロドから旅行 (16)
シパワイ(sipaway)島 (3)
セブ&ボホール島 (3)
イロイロ市、ギマラス島 (4)
Punta Bulata (3)
その他(日帰りの海、山) (3)
★フィリピンで病院・病気 (7)
★留学準備 (20)
よくある質問 (3)
★韓国の文化 (4)
★AYAKAの紹介 (9)
★AYAKAのつぶやき(英語の名言) (8)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
留学
17位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ATSUYO

Author:ATSUYO
旅行が大好きだったため、少しくらいは英語を話したいと思い、29歳の時に7年勤めていた会社を退職し、4カ月ほどフィリピンへ留学20代最後の思い出にと、とても軽い気持ちでした留学…しかし、たった4ヶ月の留学で英語力がのび、フィリピン留学の効果を実感同時にバコロド市、人々に魅了され、その後バコロド市にある他の語学学校にて、約1年学生スタッフを経験
2011年11月より、ラサール大学付属語学学校の日本人コーディネーターとして駐在することになりました。
現在バコロド生活4年目、とにかく、バコロド市、バコロドの人々が大好き
自分自身の留学経験や、女性ならではの感性も生かしながら、いろんなことをお手伝い、アドバイスしていきたいと思います

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。