ホーム

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

スタッフの誕生日でTinago Mountain Resort(Bago city)②

2013-07-24 15:35

スタッフの誕生日でTinago Mountain Resort(Bago city)① の続きです。

いまさらですが彼女が今回お誕生日の主役なのですが…顔がぼけてる・・・
tinago (34)
何歳になってもろうそくは消したいものです

一晩明けて翌日
tinago (36)
私はこの一晩のうちにデング熱の蚊に刺されてデングになりました

そういえば、前日寝る前に1人のスタッフ(この会の主役)がいきなり、にんにくをむき出して
彼女のお子さんがいきなり逃げ出す事件が起こりました。
部屋中にんにく臭くなり、こんな夜中に何ににんにく使うのかと思っていたら、
にんにくを小さく切り、バンソウコで足に貼り付けていたのです。
『デング対策』と彼女はいい、子供にもはりつけようと必死でしたが
お子さんが泣いて嫌がったため断念しました
私が虫除けスプレーを持っていたので、ほかのメンバーはそれを使用しました。

デングの蚊に生のにんにくって・・・・吸血鬼じゃあるまいしとか思いましたが
あの時私もにんにく、くっつけてねればよかったかもしれません

このにんにくを直接肌に貼り付けるタイプの予防策は初めてみましたが、
デング熱は予防接種や具体的な薬もないため、自分で予防するしかありません。

(長袖、長ズボンを履く、虫除けスプレーを使う。蚊取り線香をたく等です)

ともあれ、2日目は天気がよかったのでリゾート内を探検といっても狭いです。
フィリピン人はFacebook用の写真を撮るのに大忙しとにかく1人でポーズを決めてとります
tinago (33) tinago (38)
撮影のあとはみんなで滝に行きました。といっても片道徒歩2分(坂道ですがきつくありません)
tinago (41) tinago (42)

今回、ところどころにデング熱ネタをはさみますが、
この滝に上ったのが日曜日で、月曜日に朝起きたときに、全身がものすごい筋肉痛だったんです。
全身です。頭から足までいたるところが痛い。しかも関節も痛い

たった2分の山登りでこんなに筋肉痛になるなんて情けないこんなんじゃだめだと思ったんです。
でも、今思えばあれはその数時間後にいきなり39度の熱がでる兆候でした。

こんなシンプルな滝ですが、結局20分くらいわいわいしていました。
tinago (43) tinago (44)
はじめは滝の前で写真を撮っていましたが、最終的にはみんな滝に打たれびしょびしょ。
そんなにうたれなくてもいいのに。。。と思いながら見ていました(笑)
tinago (45) tinago (46)
この後私も滝に打たれました。
tinago (47) tinago (49)

そしてこちらのジプニーで帰宅です。
tinago (50) tinago (51)
相変わらずすばらしい景色でした。
tinago (52) tinago (53)

今回思ったのはもちろん、デングには気をつけようということが1つですが、
それ以外に幸せをみんなでシェアするこの文化のすばらしさ。
私も来年は自分の誕生日にイベントをしようかなって、思いました。
こういうお金の使い方いいなって、思いました

そして、最後にこの1泊2日中基本はすべて全部現地語での会話。
私は現地語は簡単な言葉しかわかりませんので、話には入れません。
この人たちよく笑うなとか、なにがこんなに楽しいのかとか考えながら一緒にニコニコしていました。
この状況も予期していたので本を持ってもっていっていて、
一人の世界にはいったり、寝たり自由気ままにすごしました
それでも、とってもたのしかったって思えるって、いよいよ私も変わり者になってきたなと

基本的にフィリピン人同士で話すときは現地語です。
英語を話す必要性があるときには英語を話しますが、その必要がないときには現地語です。
英語に頼る部分も多いので、なんとなく話している内容の予測はできますが、やっぱり、
現地語で話している途中ででてくる英語は現地語発音になります。
(日本人も同じですよね。日本語の会話中に、たとえば『ウォータータンク』って言葉が出てきて
そこだけ英語発音絶対したいですもんね!)

たまに、フィリピン人は普通にいつも英語を話してると思っている人もいるようなので
これを知っておくのも大切なことですね
スポンサーサイト

その他(日帰りの海、山) コメント: 2 トラックバック: 0

日帰りで美しい海『JOMABO ISLAND (Escalante-city) 』

2013-01-04 16:41

12月30日に日帰りで『JOMABO ISLANDへいってきました

大きな地図で見る
今回は7名でということで、ドミトリーからバンを貸切りで行ってきました

事前に先生にお願いして代理店を通してパック旅行のようにしてもらいました。
往復の交通費、島までのボート代、島への入場料すべて込みで『1人1140ペソ』でした。

バンでいく場合、人数が少ないと一人あたりの負担額が大きくなりますので、
6名以下の場合には公共の施設を使用したほうが断然安いですね。

7名でも公共施設を使用していけばもっともっと安くいけますが、
乗り継ぎもなく、時刻表も気にしなくていいバンがとても便利です

公共の乗り物を使っていくより時間もずっと早いですし
食料を買って持っていきたいときにはバンは便利ですね

寮からESCALANTE CITY(エスカランテ)まではこちらの貸切のバンで2時間ちょっと
エスカランテの港からJOMABOまではこちらの小さなボートに20分くらい乗ります
Jomabo (19) Jomabo (1)

こういった島に行くときには小型のボートに乗ります。
結構しぶきがかかるので、大切なものはビニール袋に入れることをお勧めします。
かばんごとビニール袋に入れてしまうのがらくちんですよ

こちらがJOMABO
Jomabo (8) Jomabo (4)

バコロドから片道3時間以内でいけるホワイトサンドのビーチ
Jomabo (18) Jomabo (17)
宿泊施設が数棟とレストランが1件あるだけ。何もない。けど人もいない。。。
Jomabo (11) Jomabo (10)
静かですごく落ち着いたビーチです
Jomabo (12) Jomabo (15)

到着時(朝の9時)干潮だったので水か少なく、マングローブもこんな状態(左)しかも曇り。
1時間後の10時には右のように満潮になりました。
Jomabo (2) Jomabo (13)
って違いがわかりますか?

今回私たちは日帰りでしたのでこちらのレストランのスペースを使わせていただきました
Jomabo (16) Jomabo (3)
私なんでこんな写真しか撮らなかったんでしょうかね。。。一応持ち込んだフードの1部です。

昼食は予約制(ブッフェスタイル)で350ペソ(1ドリンク付)を事前予約できますが、
今回私たちは、スナック、フルーツ、カップメンを持ち込みました
ちなみに、食材を持ち込んでバーベキューもできるそうです
泊まりだったら夜はバーベキューがいいですね

ちなみにカップメン用のお湯は80ペソ(1リットルくらい?)のところを、
(この金額事前にフィリピン人に電話で確認してもらっていたので外国人価格ではないと思います。)
ミネラルウォーターを渡して、これを沸かして~とお願いしたら50ペソでした
結構高いのですが観光地なので・・・まあいっか

マンゴーは最近シーズン外で少し高いですが、バコロドの市場で1キロ80ペソくらい。
現地で購入したビールは1缶45ペソ。

そしてスノーケリングは別料金になりますが
初め5名でやるといったら5名で1,500ペソといっていたのに、
7名にするといったらいきなり1,750ペソになりました。いきなり安くなるな

この島からこちらの船に乗ってスノーケリングポイントまで10分ほど
Jomabo (6) Jomabo (7)
海の真ん中で止まりスノーケリングスタート!なのですが・・・
シュノーケリングセットが5人分しかないので交互で使わなくてはいけません。
Jomabo (5) Jomabo (9)
そして、今回は残念ながら波が高いのと、水中がクリアではないのと、あまり見えませんでした。
確かに魚はいましたが、うじゃうじゃというかんじではなかったんです。本当に残念
でもきれいな海で泳げたのでよかったです

最後に、帰りの車の運転が荒くて・・・7名の中で中で私だけ異常に車に酔いました
到着したらいきなり気が緩んだのか大変でした

今まで酔ったことなかったんですがね、こんなに酔ったのは初めてでした

今回私が酔ったのは確実には車ですが、こちらで、海に行く!といったら100%ボートに乗ります。
ボートに乗る以前にも、2時間以上でこぼこの道を荒い運転で走るわけですから
基本的に乗り物に酔いやすい方は少し危険です。
日本から酔い止めの薬を持ってきてくださいね。

酔い止めはこちらでも購入できますが、すごいです。
死んだように眠ってしまいます。眠らせて酔わせない作戦かと思います。

確かに酔いませんが眠気が半端ない
飲んだ瞬間から半日くらいずーっと頭が重く、だるく、なってしまうので、
前は何度か飲んでいましたが、最近は私も絶対に飲みません

せっかくの旅行がずっと眠いなんてもったいないからです。

ちなみに、薬の名前は『BONAMINE』1粒12ペソで1粒から買えます。
薬自体は危険なものではないと思うのですが、ただ効きすぎてしまうんです。

もし、どうしてもという場合には、
特に体が小さい方は半分に割って飲むくらいがよいと思います

バコロドから片道3時間でいける美しい海!
おすすめです

他にも日帰りでいける海があります。こちらもぜひ日帰りで美しい海『carbin Reef(sagay-city)』

その他(日帰りの海、山) コメント: 2 トラックバック: 0

日帰りで美しい海『carbin Reef(sagay-city)』

2012-12-12 09:55

生徒さんの中でも大人気のリゾートスポット
『Carbin Reef(カービンリーフ)』

なぜ人気かといいますと・・・バコロドから日帰りで無理なく行ける!そしてホワイトサンドで透き通る海!
こんな感じのすごく小さい島なんです。まさに島貸切状態です!!いいですよね~こういうの。
カーリンビーフ (20) カーリンビーフ (32)
ここにあります。

大きな地図で見る

こちらに料金や素敵な写真が載っていましたhttp://koryniledan.blogspot.com/2012/10/carbin-reef.html

ということで行ってきました
もちろん、貸しきりビーチでムーディーに大人のバカンスではありません

今回はバコロドの隣の市『バコ市』にある『OISCA bago traning center』に日本のオイスカ高校から
25名ほどの日本人の学生さんがいらっしゃっているということで、
お誘いしていただき一緒に便乗させていただきました。
こちらオイスカさんにもいろいろとお世話になっておりますhttp://www.oisca.org/

そしてなんと、このオイスカ高校(浜松)はうちのすぐ近くにあるんです。
高校生なので年代はまったく異なりますが、
今回お会いした高校生のうちの何名か私と同じ小学校&中学校出身でした。
バコロドでそんな子たちに会うなんてテンションあがりますよね
久々に『~だら?』という浜松の方言を聞いてますますうれしくなりました

ともあれ、先に到着している彼らと朝の7時半にSagayのバスターミナルに集合ということで
バコロドのターミナルを5時半に出発ということになりました。

バコロドからはフィリピン人のお友達といったのですが
5時半集合なのに5時についてしまい、30分間はバスターミナルで働いている人とお話していました
こちら学校からジプニーで10分ほどのところにある『North Terminal』このターミナルからは
VICTORIAS,ESCALANTE,MINAPASOK,DUMAGUETE/SANCARLOS,CADIZへの長距離バスが運行しています。
カーリンビーフ (1) カーリンビーフ (2)

バスの乗り方は簡単です。ルートによってちゃんと時刻表があるところもありますが、
適当なところもあります。でも30分おきにはでています(エアコンバスは1時間に1本だったりします)
カーリンビーフ (3) カーリンビーフ (4)

今回は、フィリピン人のお友達と一緒で、エアコンでも、ノンエアコンでもいいね~なんて感じだったので、
先にきたノンエアコンバスに乗り込みました。サガイまでは2時間90ペソです。

正直、エアコンなしも、ありも料金はそんなに大きく変わらないのでエアコンつきに乗ることをお勧めします。
でも、バスによっては異常に寒いので上着を必ず持っていってください。
でも、私は雨さえ降っていなければノンエアコンが好きです
カーリンビーフ (5) カーリンビーフ (6)
2時間、ノンエアコン、窓全開のバスに揺られあっという間にサガイ市のバスターミナルにつきました。
ちなみに到着時間は朝の7時半。この時計狂ってます。ターミナルの時計が狂うってどういうことでしょう。
カーリンビーフ (7) カーリンビーフ (8)

ところでノンエアコンということは窓が全開です。なれると気持ちがいいですが、慣れるまで結構びっくりします。
窓全開で80キロとかのスピードを出すわけですから、ものすごい強風です。
でも、田舎に行けば空気は新鮮で気持ちがいいですよ。


サガイのバスターミナルからカービンリーフへ渡る港まで約15分くらいです。
今回は団体だったのでバスで移動しましたが、個人のときにはトライシクルで行きましょう。

港に到着し、船に乗る前に博物館に寄りました。港のすぐ目の前にあるこの博物館なかなかいいですよ~。
バコロドからわざわざ行く必要はありませんが、せっかく港まで来たらぜひ寄ってみてください。
博物館についてはまた改めてご紹介します
カーリンビーフ (10)

カーリンビーフ (9)

港からは島までこのボートに20分揺られます。ボートは往復で1,000ペソ~だそうです。
カーリンビーフ (11) カーリンビーフ (15)
私たちの乗ったボートは25名のりだそうです。
カーリンビーフ (12) カーリンビーフ (13)

生徒さんの中にお誕生日が近い子がいるということでこっそりケーキを運びました。
ふたがない・・・。しかも、車のおもちゃそのまんま乗っかってる!もちろん車は食べられません大胆
カーリンビーフ (16) カーリンビーフ (17)

遠くのほうに小さく白い砂浜の島が見えてきました。これがカービンリーフです
カーリンビーフ (18) カーリンビーフ (19)
とっても小さい島でしょう!!
カーリンビーフ (20) カーリンビーフ (22)
誰もいない島はまるで違う世界に来てしまったよう。これぞ、島貸切
カーリンビーフ (23) カーリンビーフ (24)
カーリンビーフ (25) カーリンビーフ (26)
カーリンビーフ (27) カーリンビーフ (32)
水も透き通ってとってもきれい
カーリンビーフ (34) カーリンビーフ (30)

そしてこの美しい雲!(右の写真)一緒にいったお友達がドラゴンみたい!って
本当だ~!こういうことに気がつくってすてき~ですねいわれなければあえて写真を撮らなかったと思います。
カーリンビーフ (33) カーリンビーフ (35)

お昼を食べて1時くらいにはこの島を後にしました。
カーリンビーフ (36) カーリンビーフ (37)

また同じルートです。このサガイ市のバス停からバコロドまで約2時間。
またもや『ノンエアコンバス』の窓際で顔が吹っ飛ぶくらいの強風の中爆睡。強くなったな~と思います。
カーリンビーフ (38) カーリンビーフ (39)
ちなみに、こういった長距離バスの中で爆睡するときには必ず、手荷物に気をつけてくださいね

日帰りで行ける美しいリゾート『カービンリーフ(carbin reef)』は短期留学の生徒さんにもお勧めです
皆さんもぜひ行ってみてください

ちなみに、今までいろいろなビーチに行きましたが・・・ここもまた
島付近の海の中に生きた美しい珊瑚は見ることができませんでした。
シュノーケリングをしてお魚は見ることができましたが珊瑚はほとんど死んでいましたね。。。
残念。環境破壊が進んでいます

最後に・・・このブログをUPする前に何度も見直していたら、最後の最後で・・・
私、文中の『カービンリーフ』を全て『カーリンビーフ』って書いていたことに気がつきました
今までずっと『カーリンビーフ』って言っていました
というか、ずっと『カーリンビーフ』だと思っていました。今の今まで。
『カーリンビーフ』じゃなくて、『カービンリーフ 』です。
この島にビーフなんて、申し訳ないです
皆さんも間違えないように気をつけましょう

その他(日帰りの海、山) コメント: 17 トラックバック: 0

ホーム

LSLCからのお知らせ

8月の祝日
8月 21日(金)Ninoy Aquino Day
8月 31日(月)National Heroes Day
8月の行事
8月 8日(土)孤児院訪問
8月 14日(金)~17日(月)boracayスクールトリップ

カテゴリ

★LSLCからのお知らせ (110)
学校周辺のMAP (2)
祝日のご案内 (32)
ラサール大学の休暇について (2)
その他のお知らせ (8)
★LSLCについて (74)
初日の流れ (2)
学校の食事 (9)
ドミトリー (13)
授業について (7)
学校の決まりごと (5)
学校のイベント (18)
ボランティアプログラム (3)
週末ボランティア(植林等) (8)
School Trip(Bracay,Mambcal) (7)
★ラサール大学内の施設 (20)
★ラサール大学のイベント (20)
★日本人学生へのインタビュー (23)
★LSLC先生のインタビュー (6)
★バコロド市内探検 (119)
レストラン (30)
レストラン(徒歩10分圏内) (8)
買い物 (38)
美容 (13)
ジョギング、ジム、ゴルフ・運動 (14)
バコロド市の観光スポット (5)
乗り物・クラブ・その他の娯楽 (10)
★フィリピンの行事・お祭り (30)
Masskara Festival (8)
その他のイベントお祭り (22)
★フィリピンの文化 (41)
★フィリピンの食べ物 (19)
★バコロド市の近隣の市探検 (16)
シライ市(Silay city) (7)
★バコロドから旅行 (16)
シパワイ(sipaway)島 (3)
セブ&ボホール島 (3)
イロイロ市、ギマラス島 (4)
Punta Bulata (3)
その他(日帰りの海、山) (3)
★フィリピンで病院・病気 (7)
★留学準備 (20)
よくある質問 (3)
★韓国の文化 (4)
★AYAKAの紹介 (9)
★AYAKAのつぶやき(英語の名言) (8)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
594位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
留学
15位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ATSUYO

Author:ATSUYO
旅行が大好きだったため、少しくらいは英語を話したいと思い、29歳の時に7年勤めていた会社を退職し、4カ月ほどフィリピンへ留学20代最後の思い出にと、とても軽い気持ちでした留学…しかし、たった4ヶ月の留学で英語力がのび、フィリピン留学の効果を実感同時にバコロド市、人々に魅了され、その後バコロド市にある他の語学学校にて、約1年学生スタッフを経験
2011年11月より、ラサール大学付属語学学校の日本人コーディネーターとして駐在することになりました。
現在バコロド生活4年目、とにかく、バコロド市、バコロドの人々が大好き
自分自身の留学経験や、女性ならではの感性も生かしながら、いろんなことをお手伝い、アドバイスしていきたいと思います

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。