ホーム 次のページ >

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

フィリピン人にお嫁にもらってもらいました(笑)

2015-07-20 16:53

こんにちは、LSLCのAYAKAです。
このブログを最後に明後日から半年間の休職にはいりますので、
今回はものすごく、プライベートな内容で恐縮ですが、
ちょっとした報告を・・・・
(今後は後任のATSUYOさんがこのBLOGも引き継いでくれます)

移住して5年、ついにフィリピン人男性にお嫁にもらっていただたくことになりました

いやー想定外でしたね。こればかりは
まさか、自分が国際結婚するとは。いまだに信じられません
でも彼と一緒にいて、外国人といるって感じが全くしないんですね。
もちろん会話は英語ですが、でも相手が外国人だということを感じない。
国際結婚ってこんな感じなんですね

結婚までの手続きやその他、日本と違いすぎ
はっきりしないこと、スローすぎることがありイライラが募る日々もありましたが
今後も数年はここバコロドで暮らしていくことになりそうです

余談ですが、こちらでは結婚するためにいろいろな面倒な手続きがあります
結婚申請をした後、公の場に2人の名前が掲示され、
意義がなければ10日後に(実際は2週間後でしたが)
マリッジライセンスがもらえるのですが、その間に2人で結婚セミナーに参加しないといけません。
このセミナー、必ずカップルで参加しないと、結婚するためのマリッジライセンスをもらえません。

3時間のセミナーで結婚とはから始まり家族計画、子供のケアの仕方、家計のこと・・・・
こんなこと、わざわざセミナーする内容かな?という感じでしたが
離婚や中絶のできないフィリピンではこういうのも大切なのでしょう。

3時間のセミナーのうち90%イロンゴでしたので、なんだかよくわかりませんでした
みんなぼりぼりお菓子食べてたり、途中で出たり入ったり、適当な感じでした。

そもそも市役所も適当すぎます。
問い合わせをしたくて電話番号を聞いてかけたのですが、
何度かけてもつながらない、メインオフィスに確認してもらったら、
その部署は電話代を払っていないので、すでに電話が止められています。
直接その部署に行ってくださいと。ここでは何もわかりませんといわれました
市役所が・・・電話代滞納で、止められてる
日本ではありえないですよね

申請に必要な書類も人によっていうことが違うし。営業時間も毎日異なるし・・・
なにを信じていいのか、まったくわかりませんでした

そして、最後に絶対に式をしないと結婚できません
マリッジライセンスを入手した日に彼から
「結婚式3日後でもいいと連絡があり、さすがにびっくりしたので
「それは急だね?!」と聞くと裁判官のスケジュールがあるから3日後がいいらしいと

あまりにも突然で、戸惑いましたが、私の人生そんなことが多いし、
ちょっと仕事を抜けていく感じでいいということで
それじゃあ、決めちゃおうとなったのです
日本ではあまりないですよね
仕事中に「ちょっと自分の結婚式に参加するので1時間くらい抜けます」といって、出ていく感じ

そして結婚には絶対に指輪がほしいというじゃないですか。
式で使うだけだから何でもいいよ!安いのでいいから!と伝え、
彼が前日に私のサイズも聞かずに買いに行った指輪、
まるで中学生のカップルが身につけるような指輪でしたが
指輪を渡されたとき、プロポーズもなしだったけど
(仕事帰りに近くのジョリビーで、箱のまま明日忘れずに持ってきてねと、渡されました)
ちょっと涙が出てきましたね・・・指輪もらっちゃった!と・・・・
これは、今まで人生でもらったプレゼントの中で、どんな高級なアクセサリーやブランド品よりも
最高に嬉しい贈りものでした。一生忘れません(笑)

結婚のことは両親にも言っていなかったので、メールにて、
母親に「いきなりだけど、明後日結婚式することになった」
連絡すると、あら?それは急だね。
お母さんも参加したかったけど、さすがにあさってじゃ、フィリピンはいけないね。。
と残念そうな返信があり、我に帰りましたね
なんて親不孝な娘だと
(彼とは過去に何度か会っていて、お互いしっていますが、突然こんなに急に結婚するとは思っていなかったようで。。)
とても反省しました。

結婚までのプロセスでは本当にいろいろあり、日本とは全然違い、何もかも一筋縄ではいかぬ
いろいろ新しい経験をしましたので、また機会があったらUPします

ともあれ、フィリピンで新しい生活を始めることになりました

6か月の帰国は今後のフィリピンでの新生活のための準備といいますか・・・
そんな感じです
2月に予定通り復帰したらまたぜひご報告させていただきたいと思います

なにはともあれ、2009年の留学から数年、まさかこんな結末になるとは全くの想定外です。
英語が全く話せなかった私が、外国人=生きている世界が違う遠い国の人というイメージだった私が
まさか外国人、しかもフィリピン人と結婚するなんて・・・・

プライベートな内容でこんな長いBLOG大変恐縮ですが
さらに追加で・・
相手がフィリピン人ということで、籍を入れないほうがいいんじゃないかとか、
実はそんなアドバイスもありました。
要するにポイントはお金ですね。
基本的に貯金の文化のない国ですから、貯金ゼロでも、全く珍しくありません。
それに、フィリピン人1人結婚するということは、
彼の親戚一同バックにいる総勢何十名の面倒を見ることになるのと同じですからね。

私もはじめは別に籍なんて入れなくてもいいんじゃないかと思っていました。
事実婚でいいのではと・・・
ところがですね、なんだろ、初めて好きな人と結婚したいと、
人生で初めて(だからこの年まで独身だったんですけどね・笑)思ったんですね。
最後は、理屈やらなんやら飛び越えて、私の乙女心で結婚を決めました(笑)

人生はおとぎ話ではありません。もちろん生活していくうえで、お金はとても大事だし、
フィリピンにいると、命さえもお金で左右されるということを何度も実感しました。

お金、お金、お金。。。あえて、籍を入れる必要もないのでは?そのアドバイスもわかります。
でも、やっぱり、世の中にはお金では絶対に手に入れることができないものがあります
愛で周りが見えなくなっているのでは?
うーん、自分では、とても冷静ですが、もしかしたらそうかもしれません。
でも、フィリピンにきて、本当にそれを感じたんです
口ではうまく説明できませんが、今まで自分がずっと探し求めていた何か、
ずーっとずーっと探し求めて手に入れることができなかった何かを見つけられた気がするんです。

フィリピン人ってそういう何かを持っています。
ふとした瞬間に心がぐーっとあたたかくなるようなこと
そういう瞬間があるんです

実際私の結婚式も、とても小さくて、めっちゃ散らかっているオフィスで、4人の証人と、ジャッジと彼と私だけ、
もちろん、素敵なドレスもなければ、メイクアップも、音楽も装飾も何もない。
たった15分間の式。なんの期待もしないでちょっと行ってくる感じで参加した式。
しかし、あまりの感動に涙が止まらず、人生で忘れられない15分でした

幸せの価値とか、基準って人によって異なります。
何が幸せか、何が不幸か定義は難しいけれど、やっぱり直感で幸せーーー!!って感じること
それが幸せかなと思います
フィリピン留学でそういうことに気づく学生さんもおおいんですよ

長くなりましたが、これから新しい人生を張り切って生きていきたいとおもいます
へへ

最後に…こんな親不幸な娘ですが、両親にはすごい感謝しているんです。
昔から私の意見を非常に尊重してくれる両親でしたが
6年前、会社を突然辞めてフィリピンに行くから!と言い出した娘、
いくら30歳とはいえ一応女性です。(あの時も事後報告でしたが・・・)
振り返り、あの時、フィリピンに行くこと心配じゃなかったの?と聞いたら、
反対しても行くでしょう!(←その通り!)あなたが決断したことなら、もちろんいろいろ調べているだろうし、
心配はしてなかったよ。いつも信じてるからといわれました。
今回の結婚も、やはりはじめは大賛成という感じではなかったですが、
今は受け入れてくれています

やっぱり、フィリピン留学って、まだまだ危険なイメージがあると思うんです。
ご両親の世代ならなおさら、それを理解したうえで、
みなさんのことを信じて送り出してくれるご両親に本当に感謝しないとですよね
大切に思うからこそ、危険な目に合わせたくないのはあたりまです。
でも、その大切な人の決断を信じて見守るって本当に難しいと思うんです。

私の場合、結果こうなりましたから、両親としてはあの時、
留学引き留めておけばよかったかもと、今更思っているかもしれませんが(笑)


フィリピン留学をされたみなさん、これからする予定のあるみなさん、
少なからず、フィリピンというだけで心配されている、ご両親、お友達がいるはずです。
いってよかった!と思えるような留学にしてください
それが、信じてくれた人への恩返しだと思います

私は今後もそんな留学生のお手伝いができればと思っています。
長くなりましたが、最後まで読んで下さった方、本当にありがとうございました

ではまた半年後にSEE YOU AGAIN


スポンサーサイト

★AYAKAの紹介 コメント: 7 トラックバック: 0

ホーム 次のページ >

LSLCからのお知らせ

8月の祝日
8月 21日(金)Ninoy Aquino Day
8月 31日(月)National Heroes Day
8月の行事
8月 8日(土)孤児院訪問
8月 14日(金)~17日(月)boracayスクールトリップ

カテゴリ

★LSLCからのお知らせ (110)
学校周辺のMAP (2)
祝日のご案内 (32)
ラサール大学の休暇について (2)
その他のお知らせ (8)
★LSLCについて (74)
初日の流れ (2)
学校の食事 (9)
ドミトリー (13)
授業について (7)
学校の決まりごと (5)
学校のイベント (18)
ボランティアプログラム (3)
週末ボランティア(植林等) (8)
School Trip(Bracay,Mambcal) (7)
★ラサール大学内の施設 (20)
★ラサール大学のイベント (20)
★日本人学生へのインタビュー (23)
★LSLC先生のインタビュー (6)
★バコロド市内探検 (119)
レストラン (30)
レストラン(徒歩10分圏内) (8)
買い物 (38)
美容 (13)
ジョギング、ジム、ゴルフ・運動 (14)
バコロド市の観光スポット (5)
乗り物・クラブ・その他の娯楽 (10)
★フィリピンの行事・お祭り (30)
Masskara Festival (8)
その他のイベントお祭り (22)
★フィリピンの文化 (41)
★フィリピンの食べ物 (19)
★バコロド市の近隣の市探検 (16)
シライ市(Silay city) (7)
★バコロドから旅行 (16)
シパワイ(sipaway)島 (3)
セブ&ボホール島 (3)
イロイロ市、ギマラス島 (4)
Punta Bulata (3)
その他(日帰りの海、山) (3)
★フィリピンで病院・病気 (7)
★留学準備 (20)
よくある質問 (3)
★韓国の文化 (4)
★AYAKAの紹介 (9)
★AYAKAのつぶやき(英語の名言) (8)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
留学
14位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ATSUYO

Author:ATSUYO
旅行が大好きだったため、少しくらいは英語を話したいと思い、29歳の時に7年勤めていた会社を退職し、4カ月ほどフィリピンへ留学20代最後の思い出にと、とても軽い気持ちでした留学…しかし、たった4ヶ月の留学で英語力がのび、フィリピン留学の効果を実感同時にバコロド市、人々に魅了され、その後バコロド市にある他の語学学校にて、約1年学生スタッフを経験
2011年11月より、ラサール大学付属語学学校の日本人コーディネーターとして駐在することになりました。
現在バコロド生活4年目、とにかく、バコロド市、バコロドの人々が大好き
自分自身の留学経験や、女性ならではの感性も生かしながら、いろんなことをお手伝い、アドバイスしていきたいと思います

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。