ホーム

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

素敵な新聞記事とバコロドの安全性について

2012-06-18 20:10

前回ご紹介した『The Visayan Daily Star』
前回の記事はこちらをご覧ください版ズレの気になる地方紙「The Visayan Daily☆Star」
自分で言うのもなんですが、結構面白いです。ぜひ読んでください

でも、この新聞は版がずれてておもしろいから、話題にしたわけではありません
内容がとってもいいのです
地域に密着していて親近感がわくし、おもしろい記事、興味深い記事が多いのです

そんな中でも、以前にこれは!と思った記事があったのでご紹介します
5月11日・・・1ヶ月以上も前のことですが
この1面の左下の部分です
News paper (5)
もう少し近寄ってみましょう。
2人の男性が笑っています
英文を全部タイプしようかとも思ったのですがやめました。断念しましたので
興味のある方はぜひ、写真を大きくしてみてみてください。
News paper (2)

要するに、この右側のDr.Marden Lacuestaがタクシーの中にお財布を忘れて、
その中には100,000ペソ相当のお金が入っていたと
日本円で20万近くですね。
で、それを見つけたタクシーのドライバー(写真左のOscar Bayotさん)がそれを正直に届けてくれた
という心温まるストリーなんですね

しかし、文の最後にPage18へって書いてあって、このストーリーはページ18に続くわけです
そして、18ページにとんでみると今度はこんな感じで
News paper (4)

Oscar Bayotの娘さん20才のコメントなんかも出てきて、
とにかく、みんなでこのタクシードライバーの正直さをたたえているわけです
なんとも素敵なお話でしょうこういうのいいですね。

これを見てどうコメントするのがよいのでしょうかね。。
これ、あくで、このドクターがこの新聞社『Daily Star』に申し出たから記事になったのですが、
こういうことがここバコロドでどのくらいあるのでしょうか
めったにないことだから、特別なことだから記事になっちゃったのかな

でも、私がここでコメントをしたいことは2つ
1つは記事にも書いてありますが、タクシーに忘れ物すること結構多いんです
特に携帯電話ポケットからスルッと抜けてしまうこともあります、注意しましょうね

そして、もうひとつはフィリピン人は、とか、フィリピンはとか決めつけるのはよくないですね。
落し物を見つけて届ける人もいれば、そのままもらっちゃう人もいますね
それは、日本でもフィリピンでも同じです。

でももし、日本でかばんに入れていたはずの携帯がなくなっていたら
『え?どこで落としたんだろう』ってすぐに思いますよね。
『どこにおいてきたんだろう』って。あ~私おっちょこちょいだなと。

でも、もしここフィリピンでかばんの中にあったはずの携帯がなくなっていたら・・・
みんな1番はじめに思うのは疑いもなく『どこでとられた??』『いつとられた?』なんです。


悲しいことに、それが現実です
もしかしたら、自分の不注意で落としたかもしれないのに。
もちろん、プロのスリが多いのも事実ですし、
それからそういった事前情報による先入観も1つの理由だとおもいます。

私は過去に、買い物をしてお釣りをもらい忘れて、あとから店員さんが追いかけてきてくれたこと数回、
携帯、洋服など、お店に忘れて、30分以上たってとりにいってあったことも数回。
おしりのポケットからお札が飛び出していて、気をつけなさいと知らない人に注意されたことも。
私は1度も危ない目にあったことがないんです。なので、自分では安全だと思っています。

でも、実際に事件は起こっています。
もちろん、ひったくりやスリ、置き引きの被害にあっているは人はいます。
でもね、日本でも、バイクを使った引ったくりや、窃盗、置き引きあるじゃないですか。
結局同じだと思います。
(ただ、フィリピンにはそういった、プロが多くいることは確かです)

バコロドが安全かどうかよく聞かれます。
ここバコロドに限っていえば安全な市だと思います。

ただ、生徒さんにいつも言っているのは、私たちは外国人。なにもしなくても目立ちます。
外国人=お金持ちというふうにも見られます。

だから、たとえ、治安がよいとしても日本と同じくらいだとしても、
日本にいるとき以上に、何倍も気をつけなくてはいけません。


夜中に大きなかばんを肩からさげて、1人で夜道を歩いていたら、
もしくは、おしりのポケットからおさいふ飛び出して歩いていたら、
人がたくさん集まるお祭りや、ジプニーのなかでスマートフォン使ってたら…
人前で大きなお金を数えたり、暗いところにあるATMでお金をおろしたら・・・
狙ってくださいといっているのと同じです
私たちは外国人なんです。狙われやすいんです

それを意識した行動をしていれば、少なくともここバコロドでは防げる事件は多いと思います。

数ヶ月前に自分の母親(50代後半)がバコロドに遊びに来た時に、私が仕事をしている日中は、
母親は一人で、街中をフラフラしていました。
1人で歩いて、20分くらいのデパートメントストアへ行ったり。
もちろん、マニラへセブへ母親が1人で行くといったら、いくら昼間でも絶対に止めます
そのくらい、この町には信頼を置いています。(もちろん、注意事項はたくさん告げましたが)

気を抜いていたら、あつくなってしまいました

最後にもう一言!!!
わたしは、せっかくバコロドを選んでこの町に着てくれた生徒さんが、
こちらに来てすぐにスリや引ったくりにあって、嫌な思いをして、
バコロドが、フィリピンがフィリピン人のことが嫌いになってほしくないんです!


ここには、素敵なこともたくさんあるんです
だから、できるだけ、そういう被害にあわないよう生徒さんに注意をします

バコロドの安全性、気をつけることは初日のオリエンテーションのときにじっくりご説明しますよ

話を新聞記事に戻しますが・・・
しかし、このドクターなんでそんな大金持っていたんでしょね
フィリピンで100,000ペソなんっていったら、相当なお金です
それを、タクシーに忘れちゃうんですから
一流のお医者さんだって、ちょっとおっちょこちょいな方もいるんですね(笑)
こんなこと書いて怒られちゃうかな

また、おもしろい記事があったらご紹介しますね

久々に長文書きました・・・最後まで読んでくださった方ありがとうございました
スポンサーサイト

乗り物・クラブ・その他の娯楽 コメント: 4 トラックバック: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント:

この記事にコメント:する

スリやひったくりって、どこでもありますよー。
なんてったって、私はひったくり№1の大阪に住んでいますから。
でも、悪い面ばっかり見ててもしかたないですよ。
しかも、自分が気をつけてさえいれば防げるんですもん。
ひったくり№1でも、大阪は日本で一番です!!
と、日本に来た留学生さんに言っています。

AYAKAさんがバコロドを熱く語るのを見習って、大阪を語ってみました~

バコロドでは怖い思いをしたこともないし、みんなとっても親切でした。
また行くのが本当に楽しみです!!

あとAYAKAさん、日本料理でなくてもいいんです。
フィリピン料理で結構です。
とにかく、韓国料理以外のものを混ぜてください!
(本来、フィリピン料理を出すのがベストだと思うんですけど・・・・)



2012-06-18 21:10 | URL | Mina | 編集

やっぱり、自慢できるのが1番ですね

そうですね、悪い面ばかりみていても仕方ないんんです。
いい言葉ですね。
私も大阪好きです。日本の中でも独特の雰囲気がありますよね!!

食事に関しては、ミーティングではいつも話題になっています。
今現在のフィリピン料理の提供ももちろんあるのですが、数は少ないですもんね。。
でも、変わってきているのは確かです。
次回は、期待してください!

2012-06-19 10:51 | URL | AYAKA | 編集

用心に越した事はない

バコロド好きな者として。バコロドは比較的治安がいいと言われていますよね。土地柄かも知れませんが雰囲気がいい。
でも、やはり事件の話しも聞きます。現地の人の話しも踏まえ、私たち日本人はやはり目立ちます。しかし予防は出来ます。極端に言えばリュックやショルダーバッグは前で持つ。パレンケ(市場)の中はスリに気を付ける。携帯を掛けながら歩かない(掏られる危険大)。ファーストフードやフードコートのテーブルにむやみに荷物や小物を置きっぱなしにしない。日本の様に置いたままトイレへ、なんて最悪です。
ダウンタウン(プラザ近辺)や、パラパラ辺りへの夜歩きは特に注意。
どこでも海外へ行ったときの当り前の注意をしていれば、まず大丈夫な事ばかりです。
真面目に書いてしまいましたが、海外で事件に遭うのは気持ちよくないですからね。
まあバコロドはいい所ですし、なんとなく田舎の街ですから、のんびり気持ちよく過ごしたいですね。本当にいい街です。

2012-11-21 20:28 | URL | singcang | 編集

Re: 用心に越した事はない

まさにその通りなんです。
警戒しすぎて何も楽しめないなんていうのももったいないですが、
1度嫌な事件に遭遇すると、何もかもが信じられず、
本当に嫌な気分になります。それもまたもったいないですよね。
最低限のことを注意していれば防げるとこはたくさんあるんです。
でも、その最低限のことをついうっかり忘れてしまうこともあるんですよね。。
そのあたりは、私が母親のようにいつも注意していますよ(笑)

2012-11-22 20:01 | URL | AYAKA | 編集

コメント:を書く









管理者にだけ公開させる

トラックバック:

この記事にトラックバック:する

まとめtyaiました【素敵な新聞記事とバコロドの安全性について】

前回ご紹介した『The Visayan Daily Star』前回の記事はこちらをご覧ください版ズレの気になる地方紙「The Visayan Daily☆Star」自分で言うのもなんですが、結構面白いです。ぜひ読んでください

2012-06-20 16:29 | まとめwoネタ速neo

ホーム

LSLCからのお知らせ

8月の祝日
8月 21日(金)Ninoy Aquino Day
8月 31日(月)National Heroes Day
8月の行事
8月 8日(土)孤児院訪問
8月 14日(金)~17日(月)boracayスクールトリップ

カテゴリ

★LSLCからのお知らせ (110)
学校周辺のMAP (2)
祝日のご案内 (32)
ラサール大学の休暇について (2)
その他のお知らせ (8)
★LSLCについて (74)
初日の流れ (2)
学校の食事 (9)
ドミトリー (13)
授業について (7)
学校の決まりごと (5)
学校のイベント (18)
ボランティアプログラム (3)
週末ボランティア(植林等) (8)
School Trip(Bracay,Mambcal) (7)
★ラサール大学内の施設 (20)
★ラサール大学のイベント (20)
★日本人学生へのインタビュー (23)
★LSLC先生のインタビュー (6)
★バコロド市内探検 (119)
レストラン (30)
レストラン(徒歩10分圏内) (8)
買い物 (38)
美容 (13)
ジョギング、ジム、ゴルフ・運動 (14)
バコロド市の観光スポット (5)
乗り物・クラブ・その他の娯楽 (10)
★フィリピンの行事・お祭り (30)
Masskara Festival (8)
その他のイベントお祭り (22)
★フィリピンの文化 (41)
★フィリピンの食べ物 (19)
★バコロド市の近隣の市探検 (16)
シライ市(Silay city) (7)
★バコロドから旅行 (16)
シパワイ(sipaway)島 (3)
セブ&ボホール島 (3)
イロイロ市、ギマラス島 (4)
Punta Bulata (3)
その他(日帰りの海、山) (3)
★フィリピンで病院・病気 (7)
★留学準備 (20)
よくある質問 (3)
★韓国の文化 (4)
★AYAKAの紹介 (9)
★AYAKAのつぶやき(英語の名言) (8)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
留学
12位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ATSUYO

Author:ATSUYO
旅行が大好きだったため、少しくらいは英語を話したいと思い、29歳の時に7年勤めていた会社を退職し、4カ月ほどフィリピンへ留学20代最後の思い出にと、とても軽い気持ちでした留学…しかし、たった4ヶ月の留学で英語力がのび、フィリピン留学の効果を実感同時にバコロド市、人々に魅了され、その後バコロド市にある他の語学学校にて、約1年学生スタッフを経験
2011年11月より、ラサール大学付属語学学校の日本人コーディネーターとして駐在することになりました。
現在バコロド生活4年目、とにかく、バコロド市、バコロドの人々が大好き
自分自身の留学経験や、女性ならではの感性も生かしながら、いろんなことをお手伝い、アドバイスしていきたいと思います

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。