ホーム

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

Organic Farm Tour ②『贅沢なランチ編』

2012-12-11 08:50

前回に引き続き今回はオーガニックファームツアーの続き、お食事編をお伝えします。
前回の記事はこちらを最高☆Organic Farm Tour (Rapha Valley)

40分のファームツアー終了後はこちらのおうちでランチタイムです。
オーガニック  (25) オーガニック  (26)
この日、私たちは7名で参加しました。私たちのテーブルがセットされ、
オーガニック  (27) オーガニック  (28)
こんな壮大な景色を背に、おいしい空気をすいながらお食事ができるんですなんて贅沢なんでしょう!
オーガニック  (32) オーガニック  (34)
そして、こちらがランチ前菜のお野菜です。本当に新鮮なものです
オーガニック  (29) オーガニック  (30)
見てください。この新鮮な野菜を!お花が咲いています。食用です。
こんな感じで、みんな2度3度おかわりをして食べていました。プレートもグリーンで素敵です。
オーガニック  (31) オーガニック  (35)

そして、メインディッシュはパスタとお魚でした。
パスタも食べ放題!ソースは2種類あって、もちろんオーガニック&肉は一切使用しておりません。
マシュルームがとってもとってもおいしかったです
オーガニック  (36) オーガニック  (37)

そして、おなかいっぱいご飯を食べた後のデザート2種類とお茶です。
この甘さ控えめなお上品な味。繊細な味。久々に味わって食べました。
これ、かぼちゃの何かと、にんじんの何かだっけ・・・すっかり忘れてしまいました。
オーガニック  (38) オーガニック  (39)
おっと、大事なことを・・・写真がないのですが、これらのお食事のお供はもちろん
いつもの『コーラ』ではありません!!!ハイビスカスティーとおいしいお水でした。

食べている間も、ガイドさんが、このお料理にはこんな食材が使われていますというお食事のお話から、
その後は、スローフードとファストフードについて、ベジタリアンについて。いろいろなことを教えてくれました
全て英語での説明!まさに野菜尽くし、英語尽くしです

彼自身もすでに11年間もベジタリアン生活を送っているそうです。

日本語で『私ベジタリアンなんだ~』と気軽な感じでいえば、
野菜が好きな子、野菜をたくさん食べる子、肉をあまり食べない子のような意味合いが強いでしょう。

でも、実際に一言でベジタリアンといってもいろいろな種類があるのです。

たとえば、ビーガン(vegan)といわれる人々は、
肉類、魚介類はもちろん卵や乳製品も一切とらないベジタリアンです。

私は昔、日本で仲良くなった外国人のお友達が『ビーガン』でその時にその言葉を知りました。

彼女は牛乳も飲まない、卵も食べない。もちろん、ラーメンやうどんも食べません。
だしが動物性だからです。
はじめはびっくりしましたが、彼女と一緒にいることで、彼女がとても強い意志を持って
そうしていることをしり、本当にすごいと感動しました。
彼女と食事をしても、ごく自然で特にそれで、困った様子は全くないように見えました。

ほかにも、何人かベジタリアンのお友達と一緒にいて(全員外国人でしたが)、
今まで何か(豚肉、や牛肉)を食べないというと、宗教的な要因が強いのかなと思っていましたが、
そうではないことを学びました。

ちなみに、このガイドさんはペスコ・ベジタリアン(pesco-vegetarian)
『肉類は避けるが魚介類、乳製品、卵は摂取するベジタリアン』 とおっしゃっていました。
彼の場合は体を壊したのが原因でベジタリアンになったということです。

ここで、またこのベジタリアンについてあつ~く語りたいところですが、今回はさらっといきます。

私は、昔から、食べのもののことにとても興味があって、なんで人は生き物を殺して肉を食べるのか、
肉が肉になる過程については、あんまり公にならないな~とか、なぜ、ベジタリアンの人がいるのか、
ベジタリアンて何だろう?など・・そして、本を読んだり調べたりしたんです。

さまざまな本を読んだ結果、日本にいるときに私はベジタリアンになる!と
誓ったもののやはり無理だと断念。
その理由は人との付き合いにありました。

もともと肉は好きではないし、肉は食べなくても生きていける!
でも、円滑な人間関係を保ちながら日常生活を送る上で、私は外国人の友達のように自分の意思を
自信をもって伝えることができない。そう思いました。

そして、牛だけは食べない。というところにおさまりました。
牛肉は食べません。牛が好きだから
でも牛肉を食べないっていうだけでも、何で?ちょっとくらいいいじゃん?宗教?ってよく聞かれました。
(フィリピンでは牛肉はほとんど食べる機会がないので日本よりその点ではうれしいです)

肉を食べない理由はそれぞれです。
健康のため、動物愛護のため、環境問題のため、食糧問題のため、宗教上の理由で・・・
強制する必要もなければ、無理やり食べるのをやめる必要もありません


でもいろいろな人の思想に耳を傾けたり、
そこから何かを考えたりすることは決して無駄ではないと思います。
無理やり理解する必要もないのです。
でも、興味を持つことで何かうまれるかもしれません。


また、このガイドさんはファストフードがだめな理由、スローフードの勧めをお話してくれました
このあたりは、インターネットでのたくさんの情報がありますし、いろんな書籍もあります。
映画でもありますよね。毎日マクドナルドを食べてどうなるかを検証した映画とか・・
でも、実際に人の話を聞くというのはとっても身になりますね

食後は少し散歩をし、おいしい空気をたっぷりすいました
オーガニック  (40) オーガニック  (43)
オーガニック  (41) オーガニック  (44)

おいしいご飯をたくさん食べて、おいしい空気をたくさんすって、たくさん英語を聞いて
食べ物について改めて考えさせられて、充実した1日でした

このツアーは本当にお勧めです
私が、上記でベジタリアンについて書いたので、なんか面倒くさそう、難しそうと思わないでくださいね(笑)
要するに、景色のよいところで新鮮でおいしいオーガニックフードをおなかいっぱい食べるツアーです。
そして、ずーっと英語での説明に、頭の中が英語でいっぱいになります。


興味のある方は予約して行ってみてください
こちらから予約できますhttp://www.raphavalley.com/

今回の私たちのようにランチにいく場合には、
バコロドを9時に出て、10時半くらいに現地に着き、まずは、ウエルカムドリンク&フード。
11時から40分間ファームツアーでその後12時くらいからお食事。というかんじになります


ほかにも、同じ料金(500ペソ)でディナーもあります。ディナーの場合には4時に到着して
ファームツアーをして早めのディナーになるそうです。

同じメンバーで2回目3回目であれば、1回目とは違ったお料理を用意してくれるそうです。

私も次回は夜いってムーディーな雰囲気を堪能したいな~なんて思いましたが、
ここ(ドンサルバドール)からバコロド行きの最終バスが6時くらいといっていたので
夜いく場合には交通手段を考えないといけませんね。

私もまた行きます。次回はちゃんとノートとペンを持って、メモをとりたいと思います

スポンサーサイト

★バコロド市の近隣の市探検 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント:

この記事にコメント:する

野菜には夢と希望と未来とロマンがある!

私は卵も食べるし牛乳も飲むお気楽自宅内ベジタリアンですが、生き物を食べる時に、生きている姿を想像して怖いからです。
ベジタリアンになってもう15年ぐらいになりますが、野菜を食べるとき、野菜が大自然の中でどうやって育ってきたかを考えながら食べると、ワクワクするじゃないですか、そこがいいんですよー。
それを、実際に野菜が育っているところで食べられるなんて、最高ですね。
ベジタリアンって、絶対にその人をハッピーにしますよ。
野菜には夢と希望と未来とロマンがあります!
写真を見ているだけでも、気持ちが豊かになりました。
AYAKAさん、写真の腕が上がったんじゃないですか?!
お料理の写真もとってもきれい

あ、AYAKAさん、全然関係ないんですけど、今日韓国語能力試験の結果発表があって、無事合格しました。
初級なんで、何の自慢にもならないんですけど、ちょっと言いたくて…すみません。
来年は中級に挑戦です。

2012-12-11 20:20 | URL | MINA | 編集

おめでとうございます!!!

韓国語能力試験合格おめでとうございます!
本当に有言実行ですね。大人になると、目標を決めてそこに向かうということ自体
努力しないとできないこと、でも、目標をもてるというのは幸せなことですよね。
努力して結果を得るって本当にワクワクするものです!
テストが終了したときの開放感、合格発表の前のドキドキ感、受かった時の喜び、
そんな小さなイベントが平穏な日常を豊かにしてくれますよね!

次回、こちらにいらっしゃったさいには、ぜひ韓国語を教えてください!

それから、写真の腕・・・・そんな細かいところまで気がついてくださってびっくり!!!!しています。
実は・・・・
腕が上がったのではなく、カメラを変えたのです。
今までフィリピンで安く購入したカメラを使用していましたが、
先日日本に帰国した際に日本でカメラを購入しました!!!
さすが!気がついてくださるなんて本当にびっくしました。

私も野菜が大好きです!これからもっとこういった記事をUPしていきたいと思います。

2012-12-12 07:52 | URL | AYAKA | 編集

コメント:を書く









管理者にだけ公開させる

ホーム

LSLCからのお知らせ

8月の祝日
8月 21日(金)Ninoy Aquino Day
8月 31日(月)National Heroes Day
8月の行事
8月 8日(土)孤児院訪問
8月 14日(金)~17日(月)boracayスクールトリップ

カテゴリ

★LSLCからのお知らせ (110)
学校周辺のMAP (2)
祝日のご案内 (32)
ラサール大学の休暇について (2)
その他のお知らせ (8)
★LSLCについて (74)
初日の流れ (2)
学校の食事 (9)
ドミトリー (13)
授業について (7)
学校の決まりごと (5)
学校のイベント (18)
ボランティアプログラム (3)
週末ボランティア(植林等) (8)
School Trip(Bracay,Mambcal) (7)
★ラサール大学内の施設 (20)
★ラサール大学のイベント (20)
★日本人学生へのインタビュー (23)
★LSLC先生のインタビュー (6)
★バコロド市内探検 (119)
レストラン (30)
レストラン(徒歩10分圏内) (8)
買い物 (38)
美容 (13)
ジョギング、ジム、ゴルフ・運動 (14)
バコロド市の観光スポット (5)
乗り物・クラブ・その他の娯楽 (10)
★フィリピンの行事・お祭り (30)
Masskara Festival (8)
その他のイベントお祭り (22)
★フィリピンの文化 (41)
★フィリピンの食べ物 (19)
★バコロド市の近隣の市探検 (16)
シライ市(Silay city) (7)
★バコロドから旅行 (16)
シパワイ(sipaway)島 (3)
セブ&ボホール島 (3)
イロイロ市、ギマラス島 (4)
Punta Bulata (3)
その他(日帰りの海、山) (3)
★フィリピンで病院・病気 (7)
★留学準備 (20)
よくある質問 (3)
★韓国の文化 (4)
★AYAKAの紹介 (9)
★AYAKAのつぶやき(英語の名言) (8)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
留学
13位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ATSUYO

Author:ATSUYO
旅行が大好きだったため、少しくらいは英語を話したいと思い、29歳の時に7年勤めていた会社を退職し、4カ月ほどフィリピンへ留学20代最後の思い出にと、とても軽い気持ちでした留学…しかし、たった4ヶ月の留学で英語力がのび、フィリピン留学の効果を実感同時にバコロド市、人々に魅了され、その後バコロド市にある他の語学学校にて、約1年学生スタッフを経験
2011年11月より、ラサール大学付属語学学校の日本人コーディネーターとして駐在することになりました。
現在バコロド生活4年目、とにかく、バコロド市、バコロドの人々が大好き
自分自身の留学経験や、女性ならではの感性も生かしながら、いろんなことをお手伝い、アドバイスしていきたいと思います

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。