ホーム

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

マニラ空港ターミナル間のシャトルバスとフィリピン事情

2013-05-27 09:40

何かとイメージの悪いマニラ空港
こちらが世界ワースト空港に輝いてしまったこともある『ニノイ・ アキノ国際空港』です
シャトルバス (11)

私も日本からこちらの空港につくと気が引き締まりますね
かばんをその辺に放置しない。
知らない人にもらった食べ物は食べない。知らない人についていかない。。
という当たり前のことから、自分の腕時計以外の時計は信用しない。など、フィリピン独自の注意事項も

空港で普通にしていればいきなり殺されたり、惨事に巻き込まれることもないので安心してください。
空港内は警備がしっかりしています

しかし、一歩外にでるとそこは別世界。
空港付近で多いのがぼったくり。ひったくりではありませんよ。
ぼったくり。外国人からは金を巻き上げてやろう精神があからさまに伝わってくることも多々。
タクシーでぼったくられたり、よくわからない因縁つけられお金を要求されたり・・・

空港内は安全といえども安心できません。
決まりもあってないようなもの・・・液体物なんてまったくチェックしないでスルーかと思えば、
小型ナイフや、缶詰をスーツケースに入れていて没収されたとか、
空港職員の気分でルールが変わり、基準も曖昧なのも事実です

そして、この空港・・・やっかいなことに
ターミナルが4つもあって、利用する航空会社によって到着ターミナルが異なるんです。
例えば、日本からは最近人気のジェットスターに乗ってマニラに到着したとします。
そして、マニラからバコロドへの国内線は、セブパシフィックかフィリピンエアラインを使用したとします。

ジットスターはマニラのターミナル1に到着。
フィリピン航空はターミナル2、セブパシフィックはターミナル3から出発です。
国内線で、違う航空会社を使用する場合にはターミナルを移動しないといけません。
このターミナル間の距離が結構あるので、何らかの乗り物に乗らないと移動ができないのです。

タクシーという手もあるのですが、ターミナル間移動のシャトルバスが出ていて、これが非常に便利なので、
こちらを利用する人が多いです。20ペソで、定期的に出発しています。

しかし、このシャトルバスのタイムテーブルがちょっと曖昧だったので、
この機会に再度確認しようと空港のスタッフに聞いてみました。

まずは、日本からの便が到着して、荷物を1度ピックアップして、
その後すぐに預け、すぐ近くにあるカウンターのお姉さんに聞きました。
『24時間運行しています』とかなり自信満々で答えてくれましたが・・・
絶対それはないと疑い、『夜中の2時でも、3時でも走っていますか?24時間ですか?』としつこく聞きましたが
24時間です!と言い張るので、そうですか・・・と返事をしましたがやはり信じられなかったので
シャトルバス (6) シャトルバス (5)
到着ゾーンをでて、すぐ正面にあるカウンターで再度聞いてみました。
シャトルバス (9) シャトルバス (7)
すると、『朝から夜までです。』。
と・・なんとも曖昧な返答。
具体的に何時から何時までですか?とたずねると。『う~ん。。。。7時から10時までです』と。。
適当・・・怪しい・・・怪しすぎるけど、3名の女性スタッフが口をそろえて主張するので、そうですか・・・とうなずきながらも
そのまま直進し、シャトルバス乗り場まで行きました。徒歩1分くらいです。
シャトルバス (2) シャトルバス (1)

そこで、たまたまバスが来たので運転手さんに聞いたら
『朝6時から夜の2時までだよ』と。。
乗り場にある看板にもそのように記載されているので現状ではこれが正しいのでしょう。
シャトルバス (3) シャトルバス (4)
とはいえ、前後1時間ほどは許容範囲、いつ変わるかわからないのも事実信用なりません。
私は生徒さんの帰国時には必ず、この時間に運用しているようだけど、
何が起こるかわからないから、直接確認してくださいと念を押します。
結局ルールなんてあってないようなものなんですね。

まあ、こんな調子なんです。フィリピンって
日本では、間違った情報を教えるなんて絶対にしてはいけないことですよね。
でも、ここは日本ではないですからね。
フィリピンですから。これを受け入れられないと逆に疲れてしまします

さらに、フィリピンならではがもう1つ。このシャトルバスの運賃20ペソ・・・
ちょうどなくて、50ペソとか、100ペソを出すと、お釣りがないからという理由でくれないことが多々あるそうです。
このおつりがない!っていうのはフィリピンでは基本中の基本なんですが、
ないものはないんです。ないからくれないんです。
ということで、なるべく20ペソちょっきり用意するようにしましょうね

何かとスローなうえに、よくわからない問題がいきなり起こる可能性もあります。
この前はよかったのに~と反撃しても、
今日は今日です。明日は明日です。私は私です。
万時、みんなに共通するルールはありません

時間がないと、こちらもイライラしてトラブルになりかねませんから、
とにかく、時間に余裕をもつことが大事です

乗り継ぎ時間1時間で空港移動!
とか、そんな危険なチャレンジは絶対にやめてください。


前の便が少し送れて、荷物がなかなか出てこなくて、係員はの~んびりしていて。荷物検査が遅くて・・
そうこうしているうちに飛行機に乗り遅れた・・・なんてことがないように
とにかく、時間と心に余裕をもってが大事です

マニラ空港に着いたとたんに身をもって感じるWelcome to the Philippines!

私もバコロドにすんでいると平和ボケしてしまって、マニラに行くときは別の国にいくような感じがします。。
もちろん、マニラにもいい人はたくさんいると思いますよ
でも、実際に、ぼったくられたり、空港でお金を盗まれたりしている人もいるんです。
ここは、フィリピンに来たというより、日本ではない国、海外に来た!と
気持ちを一瞬にして切り替えることが重要ですね

いきなりバコロドにくると、気持ちの切り替えが難しいかも知れないので、
評判の悪い、マニラを経由し、気をはりるのはいいかもしれません!

睡眠強盗にあったとか、トランプ詐欺にあったとか、実際ありますが
話を聞くと、空港付近で出会って親切にされてので、そのまま家についていった!とか
日本でも、知らない人に声かけられてそのまま家についていくなんてないですよね
日本でしないことを海外に来たからといっていきなりしてはいけません
好奇心がわいても、1番大切なのは命です

日本にいるときと同じことを確実に守り、
海外にいることを常に忘れなければそんなに危険な目にあうことはありません


どうしても、このターミナル移動をしたくない!というかたは
日本からバコロドまで同じ航空会社を利用するようにしてください
国際線、国内線共にセブパシフィック、もしくはフィリピン航空でしたら、ターミナル間の移動もありませんよ

それから、空港でももし、何かわからないことがありましたら私の携帯にご連絡ください
爆睡していても電話だけは24時間即座に出る自信があります(笑)
スポンサーサイト

★留学準備 コメント: 6 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント:

この記事にコメント:する

時間がかかります

そうですね。マニラとバコロドではこんなにも!と言うくらい雰囲気が違いますよね。バコロドも以前の空港の時はホントもっとのどかでしたしね~。
私も昨年行った時は、成田→マニラ(JAL)、マニラ→セブ(PAL)、セブ→バコロド(セブパシフィック)巨大なプロペラ機、バコロド→マニラ(セブパシフィック)となんとMIXしてしまった事か・・・
JALのターミナルからPALの専用ターミナルまではバスがありますが、これがなかなか来ない・・・待ちきれずタクシーで行こうとすると、タクシーの運ちゃんが、高いし、すぐ来るからバスがいい。なんて言う始末(^:^)
で、結局30分位待ちましたか。まぁ、なんともアバウトです。
次回はPALだけで行きます。

2013-05-27 19:34 | URL | singcang | 編集

Re: 時間がかかります

そうなんですよ!このバスもなかなか出発しないそうなんですよね。。
しかも、こちらの人の『あと少しだから』『モウすぐだから』というのは、程度がわかりません。
あと少しで終わるから・・・といって30分、よくある話です。
時間にゆとりがあればイライラしないですみますよね!

それから、セブからの便はそうです、プロペラ機です。
あれ見るたびに『おいおい!大丈夫』と思ってしまいますが40分ですしね。。
でも、その40分の飛行中に中で小さなゲームが始まるんです。あほらしい~なんて思いながらも
結構好きです。あのゲーム!

2013-05-27 19:49 | URL | AYAKA | 編集

プロペラ・・・ 不安ですが

そうですね。あのプロペラは、飛行機よりも巨大なんじゃないかと思います。フフフ
一抹の不安を抱きながらもわくわく感で乗り切ります!
あっ!ゲームしてますね。私が搭乗した時には、なんか航空会社のアメニティみたいなのを配ってましたね。(でもあまり覚えてない・・・)だって、もらったジュース飲んでるうちに着いちゃうので。ハハハ

2013-05-30 23:21 | URL | singcang | 編集

Re: プロペラ・・・ 不安ですが

そうですね、あのゲーム賞品がでるですよ!
セブパシフィックグッズなんです。
すごく気になって、いつもがんばるんですが、まだ1度もGETしたことはありません。。。

2013-05-31 09:50 | URL | AYAKA | 編集

フィリピンタイム・・

1年前のものにいきなりコメント失礼しますっ!!
T2間での乗継、自分なりに頑張って頑張って頑張ったら、1時間の乗継時間でもなんとか間に合うと思いますか?!?!?

2014-02-19 22:49 | URL | motti | 編集

国際線か、国内線かによって変わってきますが・・・

フィリピン航空同士でターミナル移動なしということですよね。
ニノイ・アキノ国際空港の最短乗り継ぎ所要時間についてはフィリピン航空のhpで確認できます。
国際線から国際線の場合は55分でいけますね。
国際線から国内線の場合は1時間30分必要です。
ぜひこちらをご確認ください。
http://jp.philippineairlines.com/products_and_services/at_the_airport/conencting_flights/connecting_flights.jsp
また、PR同士の場合でも乗り継ぎ先の便が待っていてくれるのか
また、遅れた場合には無料で次の便への振り替えが行われるのか、
それに関しては初めのチェックインの時に乗り継ぎがあることを伝え、いざというときにどうなるのか
確認した方がいいと思います。

2014-02-20 15:46 | URL | AYAKA | 編集

コメント:を書く









管理者にだけ公開させる

ホーム

LSLCからのお知らせ

8月の祝日
8月 21日(金)Ninoy Aquino Day
8月 31日(月)National Heroes Day
8月の行事
8月 8日(土)孤児院訪問
8月 14日(金)~17日(月)boracayスクールトリップ

カテゴリ

★LSLCからのお知らせ (110)
学校周辺のMAP (2)
祝日のご案内 (32)
ラサール大学の休暇について (2)
その他のお知らせ (8)
★LSLCについて (74)
初日の流れ (2)
学校の食事 (9)
ドミトリー (13)
授業について (7)
学校の決まりごと (5)
学校のイベント (18)
ボランティアプログラム (3)
週末ボランティア(植林等) (8)
School Trip(Bracay,Mambcal) (7)
★ラサール大学内の施設 (20)
★ラサール大学のイベント (20)
★日本人学生へのインタビュー (23)
★LSLC先生のインタビュー (6)
★バコロド市内探検 (119)
レストラン (30)
レストラン(徒歩10分圏内) (8)
買い物 (38)
美容 (13)
ジョギング、ジム、ゴルフ・運動 (14)
バコロド市の観光スポット (5)
乗り物・クラブ・その他の娯楽 (10)
★フィリピンの行事・お祭り (30)
Masskara Festival (8)
その他のイベントお祭り (22)
★フィリピンの文化 (41)
★フィリピンの食べ物 (19)
★バコロド市の近隣の市探検 (16)
シライ市(Silay city) (7)
★バコロドから旅行 (16)
シパワイ(sipaway)島 (3)
セブ&ボホール島 (3)
イロイロ市、ギマラス島 (4)
Punta Bulata (3)
その他(日帰りの海、山) (3)
★フィリピンで病院・病気 (7)
★留学準備 (20)
よくある質問 (3)
★韓国の文化 (4)
★AYAKAの紹介 (9)
★AYAKAのつぶやき(英語の名言) (8)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
留学
13位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ATSUYO

Author:ATSUYO
旅行が大好きだったため、少しくらいは英語を話したいと思い、29歳の時に7年勤めていた会社を退職し、4カ月ほどフィリピンへ留学20代最後の思い出にと、とても軽い気持ちでした留学…しかし、たった4ヶ月の留学で英語力がのび、フィリピン留学の効果を実感同時にバコロド市、人々に魅了され、その後バコロド市にある他の語学学校にて、約1年学生スタッフを経験
2011年11月より、ラサール大学付属語学学校の日本人コーディネーターとして駐在することになりました。
現在バコロド生活4年目、とにかく、バコロド市、バコロドの人々が大好き
自分自身の留学経験や、女性ならではの感性も生かしながら、いろんなことをお手伝い、アドバイスしていきたいと思います

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。