< 前のページ ホーム 次のページ >

スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

最近イライラしたフィリピンでは当たり前のこと

2015-07-02 16:40

本当にどうでもいいことなんですが、
なんか最近フィリピンの嫌なことばかりが見えてきて・・・
体調がすぐれなかったというのが大きな原因かもしれませんが、
こちらに住んで5年目にもなるとなんでも好き、海外だからなんでも受け入れる
フィリピンだから仕方ないそれも楽しまなくちゃ
という気持ちがどんどんなくなり、
どうしても日本に近いものをここにも求めたくなってきます
1つ気になると今までどうでもよかったことが気になってきます

先日いった、ミスタードーナッツで頼んだホットチョコレート。
25ペソ。安いけど・・・・

作ってもらうとこを、じっと見ていましたが、
お湯をはじめに紙コップに注ぎ、粉末を上からかけてサービスされました。
混ぜることすらしてくれない。。

粉が完全に盛り上がってる。
ホットチョコ (1)
これ、ちょっと時間がたってるのでだいぶ沈みましたが、
渡されたときには結構盛り上がっていました。
ホットチョコ (2)

ホットウォーターチョコトッピングになっています。

本当に今までは、これはこれで良しとしてきたんですがね、、
最近なんかいろいろ気になって
前回10日近く日本に帰国したせいでしょうか・・
比べてはいけないけれど、、この国にはこの国なりの違ったサービスがあるとは思いますが
やっぱり、接客ということを少し学んでほしいなと。
いくら25ペソでも。。

これだったら、自分で作った方がいい。。
でも、なんでミスドに入ったかというと、
ショッピングモールにちょっと座って休憩するところがないからです

日本だと、あちこちにイスがあって、座ったりできますよね。
少なくてもバコロドのSMモールはイスがほぼないですね。
本当に少しありますが、いつも誰か座ってい座れたことがありません。
ちょっと5分イスに座って休憩したいという時に本当に不便です。
だからこうしてどこかのお店に入るしかないんです。

だからショッピングモールに極端に年配の方が少ないのかなとおもったり、
これは、本当に改善してほしいです!

でも、短期の留学でしたら、
こういった日本とフィリピンの文化の違いもぜひ楽しんで下さいね

★フィリピンの文化 コメント: 2 トラックバック: 0

JURASSIC WORLD

2015-06-30 14:44

日本ではこの夏公開予定のジェラシックワールド
一足先に観に行ってきました
170ペソ!さすがにすごい人でしたよ
ジェラシックワールド (4) ジェラシックワールド (3)

映画館は近くのロビンソンモールと、SMモールにありますが、
どちらも日本とそんなに変わらないと思います。
ジェラシックワールド (5) ジェラシックワールド (1) (640x480)

1日に何回も上映されていますしね
ジェラシックワールド (2)

実は私、ジェラシックパークとか、過去の作品は1度も見たことないんですよね。。
前も書いたのですが、血が出たりする映画が小さい頃から苦手で、
迫力がありすぎるものはなるべく避けてきましたから。。
今回の映画でも目を覆うシーンはたくさんありましたが、でも世界的に話題になってるから
みてみようと思いました
恐竜がすごい迫力で、かっこいい!と思いました
(幼稚園レベルの感想ですいません…(笑))

ちなみに、今ほかに公開している映画
San Andreasg(邦題はカリフォルニア・ダウン)があります。
日本では5月30日に公開予定だったけれど、4月25日にネパールで発生した大地震に配慮し、
公開が延期(ほぼ中止?)されているようです。

私、こういう災害系の映画も好きではなく、今まで見たことがないのですが・・
友達に連れられ行ってきました。
嫌だったらイヤホンして音楽聞いてればいいよと。。。

映画だから仕方ないですが、災害で人がどんどん死んでいって、怖くなりました。
主人公はもちろん生き残りますが、スト―リーは主人公にしかフォーカスしないし、
やっぱり、こういうのあんまり好きじゃないなと

でも、映画が好きな方はここ、フィリピンでぜひたくさん映画を見てください
字幕がないのが残念ですが、映像だけでも楽しめます
もちろん、英語の勉強になります
しかもこちらの映画館は入れ替え制ではないので、1日中同じ映画を何回も見ることも可能です
理解できるまで1日なんかい見てもいいんです

留学中に1度くらいは挑戦してみてくださいね

乗り物・クラブ・その他の娯楽 コメント: 0 トラックバック: 0

寮内のWIFI環境について

2015-06-26 09:43

『寮でのWIFI環境』についてのお問い合わせがよくありますので、
今回はこちらでお答えします

基本的に寮の各部屋ではWIFIはつながりません。
寮内で使用できるのは1階の共同ラウンジ、
また男性寮、女性寮の各階に設置されている休憩所になります。

コンビニの隣にある大きいお部屋がラウンジ
DSCN1872 (640x480)
1階の男女が共有で利用できるラウンジにはソファやTVもあり、
みんなの憩いの場所として利用できます
DSCN1876 (640x480) DSCN1874 (640x480)
こちらでの決まりごとは、ソファに寝転がらない、男女が必要以上にイチャイチャしないです

こちらとは別に、男性寮、女性寮の各階にWIFIエリアがあります
WIFI (6) WIFI (1)

このガラス張りのお部屋にはエアコン、TV、給水器があり、休憩所として利用できます
WIFI (2) WIFI (3)

ここなら、男性もしくは女性しか入れないので、早朝や深夜で変な格好していても
安心して利用できます
WIFI (5)

当校の寮はコの字型になっていますが、
正面の男性寮にも各階にこのWIFIルームがあるのがわかります
外観 (1) (640x426) WIFI (4)

実際、WIFIエリアで全然つながらないかというと、そうではないんですね
そこにWIFIのルーターがあるということで、部屋によっては、室内でつながったり、
人が少ない時には、結構いろいろなところで普通につながります
部屋によってつながりにムラがあるなんて不公平・・・・かもしれませんが、
基本はWIFIエリアでのみつながる!ということになっていますので・・・。

私の部屋はWIFIルームから近くないですが朝5時代とか、
寮に人がいない時間帯だと部屋でもつながったり、
ドアに身をくっつけてなるべく廊下に近い位置に携帯を持っていたりするとつながったりします

WIFIに関するクレームは意外と少ないです

日本と比べると遅いですが・・・・
みなさん、ここはフィリピンということでご解していただだけているようです

少なくても、まったくつながらなくて音信不通になりそうとか
そういうレベルではないです
こちらに到着後、ご両親やお友達への無事つきました連絡はLINEでされる方が多いですよ!
ご安心くださいね



ドミトリー コメント: 2 トラックバック: 0

マニラ空港第3ターミナルの休憩所

2015-06-24 10:50

久しぶりのブログ更新・・・・
今回は、学校のことではありませんが、
みなさんが利用するマニラ空港(第3ターミナル)の休憩所についての情報です

格安空港セブパシフィックを利用すると第3ターミナル利用になります。
私もビジネストリップの時はいつもこのセブパシフィックにお世話になっています。
安いのはいいのですが、時間が微妙・・・・
東京、大阪、名古屋、便にもよりますが、マニラ到着が夜、
翌朝の早朝便まで空港で待機のパターンが多いです

私は6年前の留学時から通常なら床にレジャーシートを敷いて寝るのですが、
(多くの人が床にそのまま寝ています。フィリピンに来たな!と実感する光景です
今回は自らの体をいたわるためにこちらにSTAYしました
休憩所 (3)
マニラ空港第3ターミナルの休憩所
休憩所 (8) 休憩所 (9)
これで2回目の利用ですが、今回は前回2年前とシステムが変わっていました。
休憩所 (2) 休憩所 (4)

夜22時以降に利用する場合には、必ず朝食付きのプランにしないといけないということです
休憩所 (7)
10時前であれば、2時間の休憩250ペソ、5時間の休憩450ペソです。

ということで、5時間朝食付き610ペソのプランで入りました。
翌日の飛行機に合わせ、11時から5時までの滞在。
結構人がいましたよ。

中に入ると、1人1台のソファーベッドとブランケット、WIFIパスワードが渡されます。
休憩所 (5)
飛行機の時間までここで熟睡できます。
きれいなお手洗いもシャワールームも完備です。とってもリラックスできます

朝食は用意ができるまで5-10分ほど時間がかかるので、
余裕をもってオーダーしたほうがいいですね。
ライス、卵(目玉焼きかスクランブルエッグが選べます)
メインはアドボ、ベーコン、コーンビーフ、ホットドック等7種類から選べますが、
魚料理は1種類だけです。あと、コーヒーか紅茶を。
私はお水をお願いしますと伝えたら、ちゃんとペットボトルをくれました
休憩所 (6) 休憩所 (10)
この朝食がつくせいで、+160ペソと思うと、朝食なしプランにしたいとこですが
決まりなので仕方ないですね

帰り日本からマニラ、国内線に移動してバコロドへの国内線を待つ間も利用しました。
名古屋からの到着便が送れ、2時間しか休憩所に滞在できなかったので
ご飯もいらないし、2時間250ペソのプランではだめですか?と確認しましたが
朝食付きの3時間450ペソプランで申し込むしかないんですね。。
融通がきかず、けっこう割高・・・

この時はいくら無料だからといって、朝食はパスしました。
無料なら食べてもいいじゃんと思うかもしれませんが・・・・
日本からマニラについて、日本でおいしいものたくさん食べて、
いくら無料でも、いきなりあのフィリピン料理を朝3時半から食べる気にならなかったです。。
ということで、ミネラルウォーターだけいただき、朝食はスキップ。

休憩だけできたらいいのに。。と思いましたが、
ホテルに泊まるより断然割安ですし、深夜にマニラ空港からタクシーに乗って
市内にでて、ホテルへ向かうより安全だし、おすすめです

ほかにもマッサージコースもあります
休憩所 (1)
ほかのメニューもあります。
DSCN1841 (1024x768)
DSCN1840 (768x1024)

第3ターミナルで翌朝の早朝便を待つ時・・・・ぜひ利用してみてくださいね

★留学準備 コメント: 2 トラックバック: 0

登録費15,000円免除のPROMO中!

2015-05-28 17:15

お久しぶりです
ご報告が遅くなりましたが5月16日、17日東京でのフィリピン留学フェアに参加してきました
Fair (2) Fair (3)

ブースを訪れてくださったみなさん、ありがとうございました

卒業生の方も多く遊びに来てくださり、
一緒に参加していた当校の校長が驚いていました。
あんなにたくさん、卒業生が遊びに来てくれるなんて、学生との関係がいい証拠だ。
僕もとてもうれしい気分だ、ありがとう!とほめられました
30過ぎてもほめられてすごく嬉しかったわーい

もちろん、それ以上にみなさんが遊びに来てくれてとてもうれしかったし、
この仕事をしていてよかったと思いました。本当にありがとうございました

また今回は大学関係者の来場も多く、
大学のプログラムで学生さんを長期でフィリピンに送ってくださるというのは
フィリピン留学もこれからもっとメジャーになっていくのだなと実感しました

さて、本題ですが、
現在LSLCでは登録費(15,000円)無料のプロモ中です!
8週間以上でお申し込みの方に限り、登録費(15,000円)を免除致します!

条件は
①8週間以上のお申込み者限定
②入学日が2015年の5月、6月、9月~12月の方に限ります。
(当校の入学日は基本日曜日です。8月最終日曜日(8月30日)はプロモ適応とさせていただきます)

お申込み、お問い合わせは当校取り扱いの各代理店様へ。
6月入学、まだお部屋の空きがあります
お一人部屋はお部屋数に限りがございますのでお早めにお申込み下さい。

★LSLCからのお知らせ コメント: 0 トラックバック: 0

大学の簡易MAP

2015-05-08 16:35

みんなが毎日通るラサール大学の第1ゲートに、
MAP (1)
MAP (2)
学校の案内図が設置されました
MAP (3)
MAP (6)
これ見ても、目的地に行けつけなそうですので、
近くにいる人に聞いたほうが早いですね(笑)
MAP (5) MAP (4)
でも、ラサール大学がとても広いことはわかります

本当にとても広いのですが、初日、新入生へのキャンパスツアーでは、この大学を約20分くらいで
簡単に1周して、大学の施設をご紹介します

大学のツアーはこちらを
La salle university Campus tour✩保存版☆

★LSLCからのお知らせ コメント: 2 トラックバック: 0

意外に早い本日のsunset 『6:01p.m』

2015-05-06 14:15

前回、暑い暑いという記事を書きましたが、
ここ常夏の国フィリピンの日の入り時刻は意外に早いです

夏の国だから・・・日本の夏のように1年中、遅くまで明るいのかな・・・
と思うと、こちらに到着してびっくりしますよ

なんと、11月から1月の日の入りは5時半ごろ、それ以外の時でも6時くらいなんですよ。

そして、真夏の5月でも本日の日の入り6:01PMです。
なんか不思議ですよね。
ちなみに、本日、東京の日の入りは6:31PM

ちなみにフィリピンの本日の日の出は日本より遅く、5:28AMでした
(東京の日の出は4:45AM)
DSCN1795 (480x640)

さすがに日が沈むと少し過ごしやすくなります。
直射日光に照らされることなく、散歩したり、ジョギングするのにも最適です

ということで、本日は、日の出、日の入のお話でした

★LSLCからのお知らせ コメント: 0 トラックバック: 0

寒すぎる室内。腹巻がほしいけど・・・

2015-05-04 11:15

毎年、こんなに暑かったでしょうか。本当に暑い
週末は久々に雨が降って少し涼しくなりましたが、それでも基本暑いですね

徒歩たった1-2分の距離でも乗り物に乗りたがるフィリピン人。
だって、暑いじゃん!と。今までバカにしていましたが私も最近そのグループに入りました

ジプニーに乗り込んできたと思ったら30秒以内で降りる乗客。
歩いたって1-2分くらいでしょう。と思うのですが、、
その気持ちわかります。本当に暑い

ジプニーを待つ間でさえ、わずか数十センチの電柱の影の下に入り、
日影を見つけては移動しながら歩きます笑える。
こんな影さえ重要
summer (2) summer (1)
また日傘をさしている(実際には雨用の傘です)人もいますが、
ラサール大学付近では教科書で頭を覆い、少しでも日差しをよける光景も多し

しかし、室内は極寒。冷蔵庫並の冷え度です
とにかく寒すぎるどこに行っても暑すぎるか寒すぎるか。
オフィスではあまりの寒さに、ウールのストールに、パーカ、寒すぎるときにはウィンドブレーカーに
マスク、もちろん厚手の靴下もはきます。出かけるときも羽織は手放せません

特にカフェは基本どこも寒すぎです。体感温度20度切ります。
そこで冷たいものを飲んだらもうガタガタに震えますよ

スタバとかマックとか日本にもありますが、日本でこんなに寒かったらきっとクレームに
なるんじゃないかと寒すぎてだんだんいらいらしてきますから

ということで、防寒着が必須なのですが、最近気が付いたこと。
バコロドには腹巻が売ってませんね。
周りのフィリピン人に写真を見せて聞いても、
あー出ているおなかを引っ込めるためのタイトなやつじゃないの?
と、馴染みがないです

下着屋さんに行って、唯一妊婦さんようのパンツからつながっている、
股上がものすごい深いパンツが90ペソくらいで売っていました。
でも、妊婦じゃないとフィットしないのでもたついて気持ち悪いと思います
あと、ロビンソンの中にある、日本のダイソー(88ペソ)には、
パイル記事のフリーサイズ、すごい伸びるパンツが売っていました。が、
おへその下までしか伸びずに、腹巻機能まで果たさず・・・

と、いうことで、冷え性の方、おなかが弱い方、腹巻持参するとよいかもしれませんよ。
暑い国といえど、室内の寒さは日本の冬並です(笑)

買い物 コメント: 0 トラックバック: 0

5月1日 Labor Day(メイデイ)でお休みです

2015-04-29 12:00

タイトルの通り5月1日 Labor Day(メイデイ)でお休みです

5月1日から3泊4日でボラカイへのスクールトリップがありますので、
参加される学生さんも多いです

また、私は、毎年5月1日の祝日は、
LSLCスタッフ全員集合の、
毎年恒例の「サマースプラシュ(Summer Splash)」に参加します。
このサマースプラッシュ、日本では馴染みがないのですが、
フィリピンでは結構多くの企業で、このサマースプラッシュの行事があるそうです。

これは、会社のメンバーがみんなで、近くのリゾートにいって、一緒に過ごして、
会社のお金で食べまくる会です
オーナーがほぼ負担しますから、従業員の会費等はありません
セキュリティーガード、ハウスキーパー、メンテナンス担当、キッチン担当等、全スタッフ参加です。
お子さんを連れてくるのもありで、家族集合という感じですね

当校は、スタッフのサマースプラッシュ、また、先生は先生で別にこの行事があります

今年も例年通り、マウンテンリゾートで食べてのんびりする会があるので、私も参加してきます
スタッフの家族も参加したりして総勢50名くらいになるのですが、
私以外みんなフィリピン人なので、私はいつも食べるだけ食べて、寝るというのが決まりです
しかも集合は朝の8時
9時には到着.。そのあと、ひたすら飲んで、食べて、泳いで、ゲームして
飲むといっても日本の宴会のようにお酒をたくさん飲んで盛り上がるというのとはちょっと違います。
お酒を飲んでも飲まなくてもテンションが変わらないフィリピン人。
日本のように、明らかにこの集団はお酒が入っているな!酔っぱらってるな!
と思うことはないですね
ほとんどの人はアルコールではなくて、コーラとか、ソフトドリンクを飲んでいますよ

あとはひたすらのんびり。リラックス
この意味もなくのんびりするっていうのが、ずっと受け入れられませんでしたが、
最近慣れてきました。楽しみです

★LSLCからのお知らせ コメント: 0 トラックバック: 0

RUINS(Talisay city)② Funny tour guide

2015-04-27 10:55

前回のRUINSに続き、おまけです
またRUINSでは、このMr.ROGERというガイドさんが有名ですね
Ruins (1)

雑誌にたびたびのったり、TVに出たり、
You tubeで画像が結構多くUPされています
ROGER the funny tour guide of THE RUINS Negros Occidental


この画像の中では彼は、英語&イロンゴMIXで話していますね。
実際外国人相手の時には100%英語を話してくれます。

私も長い間知っていますが、確かに素晴らしい!エンターテイナー
ゲストが来た時には、彼にぜひガイドをしてほしいですね

とても面白い。そしてRUINSの歴史をシンプルにおもしろく説明してくれるのでわかりやすい
ただ、ものすごいイロンゴ訛りの英語で、ちょっと笑える
私はこのイロンゴ訛りの英語なじみがあって、かなり聞きやすい英語ですが、
初めてこの英語を聞くと、あれは何ですか?はじめ現地語を話しているかと思いました
という意見も(笑)でも、理解できます
上の動画でも、どこから英語でどこから現地語かよくわからないですから(笑)

それから、ここRUINSの成長と共に・・・彼のおなかも年々成長しています

見るたびにおなかが大きくなっている気が・・・行くたびに感じます。
また成長したなと・・・・年をとったせいか、
もしくは、人気者になっていいもの食べてるのかな

やっぱり行くからには彼の説明を聞きたいですよね
説明のあと写真を撮ってくれたり、サービスもばっちりです
彼がとってくれた写真は、さすがコツを得ていて、
アングルとか、ポージングまで素晴らしい写真がとれますよ

彼のほかにも数人ガイドさんがいますが、みんな面白いです
きっと彼が教育したんだなと思います。

私もう何十回も説明を聞いているので、途中のジョークなんかも何十回も聞いていて、
ガイドが違ってもジョークの内容が同じなので
みんなロジャーのように将来有名になって、どんどんおなかが出て言っちゃうのかなと
心配ですが、みんな名物ガイドさんになれるといいですね

学生の方は学生証をお持ちくださいね

★バコロド市の近隣の市探検 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前のページ ホーム 次のページ >

LSLCからのお知らせ

8月の祝日
8月 21日(金)Ninoy Aquino Day
8月 31日(月)National Heroes Day
8月の行事
8月 8日(土)孤児院訪問
8月 14日(金)~17日(月)boracayスクールトリップ

カテゴリ

★LSLCからのお知らせ (110)
学校周辺のMAP (2)
祝日のご案内 (32)
ラサール大学の休暇について (2)
その他のお知らせ (8)
★LSLCについて (74)
初日の流れ (2)
学校の食事 (9)
ドミトリー (13)
授業について (7)
学校の決まりごと (5)
学校のイベント (18)
ボランティアプログラム (3)
週末ボランティア(植林等) (8)
School Trip(Bracay,Mambcal) (7)
★ラサール大学内の施設 (20)
★ラサール大学のイベント (20)
★日本人学生へのインタビュー (23)
★LSLC先生のインタビュー (6)
★バコロド市内探検 (119)
レストラン (30)
レストラン(徒歩10分圏内) (8)
買い物 (38)
美容 (13)
ジョギング、ジム、ゴルフ・運動 (14)
バコロド市の観光スポット (5)
乗り物・クラブ・その他の娯楽 (10)
★フィリピンの行事・お祭り (30)
Masskara Festival (8)
その他のイベントお祭り (22)
★フィリピンの文化 (41)
★フィリピンの食べ物 (19)
★バコロド市の近隣の市探検 (16)
シライ市(Silay city) (7)
★バコロドから旅行 (16)
シパワイ(sipaway)島 (3)
セブ&ボホール島 (3)
イロイロ市、ギマラス島 (4)
Punta Bulata (3)
その他(日帰りの海、山) (3)
★フィリピンで病院・病気 (7)
★留学準備 (20)
よくある質問 (3)
★韓国の文化 (4)
★AYAKAの紹介 (9)
★AYAKAのつぶやき(英語の名言) (8)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
379位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
留学
14位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

ATSUYO

Author:ATSUYO
旅行が大好きだったため、少しくらいは英語を話したいと思い、29歳の時に7年勤めていた会社を退職し、4カ月ほどフィリピンへ留学20代最後の思い出にと、とても軽い気持ちでした留学…しかし、たった4ヶ月の留学で英語力がのび、フィリピン留学の効果を実感同時にバコロド市、人々に魅了され、その後バコロド市にある他の語学学校にて、約1年学生スタッフを経験
2011年11月より、ラサール大学付属語学学校の日本人コーディネーターとして駐在することになりました。
現在バコロド生活4年目、とにかく、バコロド市、バコロドの人々が大好き
自分自身の留学経験や、女性ならではの感性も生かしながら、いろんなことをお手伝い、アドバイスしていきたいと思います

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。